photoback

無料ブログはココログ

2012年3月 6日 (火)

久しぶりご報告。

ずっとブログをお留守にしていましたが、

これはいつもの怠け癖のせいではありません。(と言い訳してみる)


実は、


妊娠しました~!




妊娠しているかもしれない…とわかったのが1月13日。

ブログの最後が風邪気味でダウン、となっていますが

どうやらこれが妊娠の前兆だったようで…

風邪薬飲まず、そして病院行かなくて良かったー!

それからは産婦人科に行くまでずっとソワソワ。

母子手帳がもらえるまでやっぱりソワソワ。



そして、この世のものとは思えないつわりとの戦い…

…というあたりの経緯は、きちんと書きためてありますので

またブログに書き加えていきたいと思います!

ともあれ、今日は33歳のお誕生日。

今年は…忘れられない一年になりそうです!!!!












2012年1月 7日 (土)

いちにち養生

旦那が栄養ドリンクと鍋焼きうどんを買ってきてくれたので、

それをズルズル食べて養生。

病院は…まあ、いっか。

鼻かみ過ぎて鼻痛い…



2012年1月 6日 (金)

風邪ひいた…

顔が熱くて、寒気がするうえに

節々が痛い…

鼻水ズルズル。

つらい…

どうしてこう、私は年明け早々に風邪をひいてしまう体質なんでしょうか。

ポカリスエットたくさん飲んで、

風邪薬は…あったかな?

もうちょっとひどくなったら病院に行くことにして、今日は寝ます。

うーん。しんどい…

2012年1月 1日 (日)

あけまして

喪中なので「あけまして」で寸止め。

昨年中はたいへんお世話になりました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

去年の年末は…やっぱり忙しくて、ブログの更新滞ってます…

でも、メモ程度には残してあるので、

ぼちぼち振り返りつつ更新はしようと思っております!


2012年は、

仕事を頑張る。

練習を頑張る。

家事を頑張る。

とか、考え出したらキリがないくらい、頑張りたいことだらけ…。

新しい年には、また新しい出来事や新しい出会いが待っているでしょう~

感動や感謝の多い年でありますように…

そして、皆様にも幸多き年でありますように…

2011年12月16日 (金)

「ディレッタントカフェ」に行ってきた

ついに念願の。

「ディレッタントカフェ」に行ってきました~!

Dtcf2

キッシュとサラダ、メインディッシュのランチ1580円。

パン一切れと、お飲物つき。


キッシュの端っこは、カリカリのフランスパン!おもしろーい。

Dtcf1


メインディッシュは、温野菜とチキンのバジルソース。



久しぶりにバジルソースを味わったけど、とっても美味しかった~。


「手を抜いてない」お料理。

じんわり、嬉しくなります。



店内は、こだわりのインテリアと、内装もとってもオシャレ。

アップライトピアノもあって、ライブも頻繁にあるらしい。

すぐ外は源兵衛川の流れ。

じっくり、長話をしてゆっくり落ち着けるお店でした~


…そして、ワインの種類も豊富~

ワイン好きにはたまらないだろうなぁ…。私はそんなに飲めないけど…

ライブのある時に来てみたいなぁと思いましたです♪




とっておきのお友達と、

とっておきの昼下がりに、

また行ってみたいです♪♪











2011年12月15日 (木)

ちょっとびっくり

マックの、

「マックカフェ」。

201112151103000

久しぶりにマックを買ってきてと頼まれ、

飲み物を紙パックのおなじみカフェラテに…と注文しようとしたら。

「カフェラテ販売終了のお知らせ」という貼り紙が。

ありゃりゃ…と思い、それに代わるものをお願いしようとメニューを見ると、

カプチーノ

カフェラテ

カフェモカ

とかの

なんだかいろんなコーヒーが売っていた。

で、

「アイスキャラメルラテ」を注文してみたら…


なんだかわりと本格的で美味いような

Sサイズで250円、Mサイズ300円なので値段も若干お得…

スタバの「スターバックスラテ」だと

ショートサイズで340円、トールサイズで380円なので

マックのお値段はかなり魅力的な感じがしますです

コーヒーだけ買いに、マックのドライブスルー寄ってもいいかなと思いました


と、いうか自宅周辺にスタバが無いっていう話もありますが



とはいっても、私はコーヒーの味があまりよくわからず…

どなたかコーヒー通の方に

マックのコーヒーたちをお試ししていただき

感想を伺いたいものです


…どなたかぜひ。

2011年12月14日 (水)

レッスン32回め

クリスマスも近づき、先生のお宅にはクリスマスのリースやイルミネーション、

お部屋の中には180センチのツリーが。

やっぱりクリスマスの雰囲気があるといいなぁ~…と。

うちも、背の高いツリーを買いたいとずっと思っているけど「思う」だけでいつも実現せず。

そしてイルミネーションは、お向かいのお家がスゴイので、生徒さんにはそちらを

楽しんでもらって(オイオイ)我が家ではこれといった計画もなく…。

さて、今日は調弦のあと、

カイザー1巻、4番。

「準備練習」、1拍をひとつのスラーで弾くバリエーション。

できるだけ指の力を入れないで弾くことを心掛けて。

トリルの練習みたいな感じの曲だけど、音程は意外ととりにくい部分もあって、

ピアノで録音しておき、始めのうちはそれに合わせて音程を確認しながら練習した。

先生からは、

「さすが指のチカラがあるから、キッチリ弾けてるね~」と言っていただき…。

うーん。でも気付くとちょっぴり力んでるんだよなぁ…

最後のピツィカートを、指板寄りで弾くこと、

移弦の部分をスムーズに弾けるように。…くらいの注意点で合格。

来週は、

スラーとスタッカートが混在しているバリエーション2種類。

とてつもなく「ゆっくり」練習して、弓の動きを覚え込まなきゃ。

篠崎2巻。

D-durのスケール、練習曲「舞曲」。

前回、舞曲ってことで、3拍子を意識して…ということだったけど、ちょっと意識し過ぎて、

ブツブツ切れた感じになっちゃったかな??

先生は「弾き方が統一されているので、こういう表現ってことでこれもアリですよ」と

言ってくださったけど…うーん、私は「こういう弾き方でいきたい!」っていうわけでも

ないので…

先生と二重奏の時は、もう少し音符を長めに。でもダラダラと繋げず…を心掛けて

もう一回トライ。

「うん。いいねぇ!」と先生にも言っていただき、

今度はうまくいったな!と実感。

1stと2ndを入れ替えて、まずは2ndを弾く。

自分なりに気を付けたい弾き方のところを、「ちゃんと旋律が出るように弾けてるね~」

と先生に言ってもらい、嬉!

二重奏を弾いている時って、本当に楽しいなぁと思う…

寄り添ったり、主張したり、戦ったり?ぶつかり具合を楽しんだりっていうかけあいが。

なんとも。

まあ、きっとそれは「上手な人」と合わせてもらってるから、自分の欠けてる部分についても

うまくフォローしてもらってるし、

なんか自分までうまくなった気にさせてもらってるからなんだろうけど(爆)

続いて、

パガニーニの「ウイッチダンス」。

1st、2ndともに弾いてみる。

最近、次の曲も「いってみよう!」ということが多かったため、あらかじめちょっと練習して

おいて良かったぁ…

でも2ndはちょっと危なかったな(汗)

この曲は付点と三連符の練習曲。三連符の部分はオッケーだけど、付点をもう少し

キレ良く、ということで、16分音符を弾く時に弦にしっかり弓を「当て」て引っ掛ける練習。

始めはちょっとヘタクソだったけど、何度か試して「ああ、こうね」という感触はつかめた。

あとは、四分音符の部分でヴィブラートがもうちょっとかかるといいなぁ。

来週の「合わせ」が楽しみだな~!

次の曲、バッハの「ガボット」も見ておこう…


難関、ホーマンの4巻。

3rdポジションの練習曲20番。

ポジション移動と、スラーやスタッカート、いろいろな弓使いがこれでもかと駆使されていて

弾いていてアタフタしてしまう曲。たった3段なのに…(泣)

「こんな感じで」

と先生がひととおり弾いてくださったけど、あー、もうポジションも正確だし、素晴らしすぎる。

そんな先生からのアドバイスは、

慌てずに、いろいろな弾き方を意識しながら、違いを出せるように弾くこと。

始めは、二小節でひとつのフレーズを意識して。

続いて、スタッカートのフレーズ。

次のフレーズは、スラーでふたつずつの音をつなげた部分。ちょっと足取りが変わる感じで。

などなど、ただ、ポジション移動に振り回されながら弾く、というのではなく、「音楽的に」

弾くこと。

確かに、モノクロからカラーに変わるくらいの印象の違いがあるのかも…

曲は「合格」いただいたけど、ここらへんの練習曲は継続的にさらっておこう…

次回は、21、22番。

続いて二重奏。

今回は繰り返しも含めて曲を初めて「通し」で弾いてみた!

A-B-A形式の曲なので、同じフレーズが出てくるとしても…3ページ以上を弾くのは

なかなかの体力が要るなあと実感。

練習では、1stと2ndの主旋律の受け渡しをチェックしておき、

あらかじめ「どの部分でどう弾くか」をちょっと研究。

ピアノで2nd部分を録音して、それに合わせて1stを練習しておいたのがやっぱり良かった。

最後までなんとか弾き切って、

先生からアドバイスをいただいたのは…、

転調してDurからmollになるところは、少し音を長めにとると「変化」をつけやすい。

フレーズの切れ目、メロディーを2ndから受け取る部分は「アウフタクト」で。

(厳密に考えると微妙だけど…曲の初めがアウフタクトなので、それに倣う形で)。

スタッカートの部分は、「弓先で」の指示があるけど、そこまで先で無理しなくてもOK。

最後の「コーダ」的な部分は、弓がブレないように。和音は、下音を長めにとって、

少し大げさ…というか、フィナーレ感が出るように弾き方を工夫して。

などでした。

「合わせてみましょう」ということで、先生に2ndを弾いてもらって…もう一度!

楽しい…というよりは、先生のスピードについていくのが精一杯(汗)

そして集中力がダウン…↓↓

「待って待って待ってぇ」という感じで、かなりごまかし+すっ飛ばし…

なんとか最後までへろへろでたどり着きましたが…

弾き終わって、先生と

「つ、疲れる…」

という感想で終わりました…(泣)

でも、この曲をスラスラっと、余裕をもって弾けたら…とても楽しいと思う!

今日いただいた注意点と、ポジ移動、ディナーミクなどなど、

もう一度気を付けながら練習しとこう♪

そして、余裕ができたら…2ndの練習も始めとこう…(汗)


今週は、特に二重奏が楽しいレッスンでした♪♪



2011年12月13日 (火)

ドアが変わった

実家にはピアノの入っているレッスンルームがありまして。

玄関あがってすぐ右手。

ここがピアノ教室の入口、なわけですが…

今までは普通の木の扉で、中の様子も見えず、

ちょっと暗い印象もあり…


レッスンルーム入口のドアを付け替えることになりました。

で、今日が付け替え工事。



201112141056000_2



ドア変わるだけで全然印象変わります~

で、意外と部屋の中も丸見え…


評判はまあまあ良かったですが

ある生徒さんから

「なんか、サイゼリアのドアみたい」



…確かに…。


今度、冗談でサイゼリアのステッカー作って貼ってみようかな(笑)



2011年12月10日 (土)

「リアル・スティール」を観に行ってきた

ネットで予告編を見てすでにボロボロ泣けていた、

「リアル・スティール」が公開になり、旦那とレイトショーで観てきました!


Real_steel



予想どおりやっぱり泣けたし、面白かったです☆


「リアル・スティール」評価★★★★(最高評価5)


ここからはネタバレです↓文字反転。


ボクシングが好きな人は、さらに思い入れが強いのかも…

子役の男の子、芦田愛菜ちゃんも真っ青な演技力。

とってもかわいい。そして憎たらしい。でもやっぱりカワイイ…

ATOMとのダンスがこれまた、楽しそう~

ヒュー・ジャックマンは、自身が格闘技大好きっていうこともあるのか、

ボクシングのトレーニングしてるシーンはすごく良かった。

いろいろ日本が出てきてそれも面白い(失笑)

どう考えてもノイジー・ボーイは鉄人28号でしょ…

腕の「末期」っていうのは…(汗)

…もう、こうなったらサンライズも抱き合わせてガンダムとか参戦させてほしいな~

ザクとかさ。エヴァンゲリオンとかさ。

スーパーロボット大戦だ~


ラストは、私は勝ってほしかったんだけど、旦那に言わせれば

「俺はあの終わり方がめちゃくちゃ好きなんだけど」とのこと…。

ボクシングの世界では当たり前で、それがまたリアルで良いと。

そうかぁ~。「ボクシングで」勝負してたんだもんなぁ。


強いて言えば、音楽があまり良くなかった…

もしかして音楽がもっとよかったら、もっともっと感動がデカかったかもしれない。

でも、

ストーリーからして、絶対に続編が出そうな感じです!

ぜひ続編希望です☆



久しぶりに「ハリウッドらしい」感じの映画を観ました~

近いうちに、「タンタンの冒険」も見たいなぁ。



2011年12月 9日 (金)

冬の富士山

今日はぐっと冷え込み、空気が澄んでます。

富士山はすっぽり、雪に覆われました~。

寒くて寒くて凍えそうな時ほど、やっぱり素晴らしい富士山が見える…

今日はほぼ満月、

雲一つない快晴、

月明かりに真っ白な富士山がボンヤリ浮かんで見えます。


あー、またこの景色が見れる季節になったんだなぁ~。




ますますおこたから出られない日々が続きそうですよ…

«レッスン31回め

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

calender

copiris(師匠)

violin