photoback

無料ブログはココログ

« 秋になったら聴く曲part2 | トップページ | カップヌードル(シャア専用) »

2010年10月20日 (水)

ガンダム(MSイグルー)

細々とガンダム祭りを続行中。

ファーストガンダムの次に見たのは、比較的新しいシリーズ「MSイグルー」。

このシリーズは2004年~2008年に公開されたフル3DCGアニメですね。

ちょっとした、映画を見てるくらいの質感です。

1979年代につくられた手描きアニメと比べるとものっすごい技術の進歩です…。

ファーストガンダムと同じ時系列~その近辺なので、

ファーストを見た後だと時代背景がわかりやすい。

シリーズは、

機動戦士ガンダム MS IGLOO 一年戦争秘録(1・2・3話)

機動戦士ガンダム MS IGLOO 黙示録0079(1・2・3話)

機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線(1・2・3話)

という構成になってました。1話が約30分。DVD1枚に各1話入ってるという…

一年戦争秘録、黙示録0079はジオン軍のお話。

重力戦線は、連邦軍のお話。

ジオン軍主人公だと連邦軍が「このやろう」と思え、連邦軍が主人公だとジオン軍が

「なんて卑劣な」と思える、いったいどっちの味方なんだと自分でも悩む作品。

このシリーズに言えるのは、見た目だけでなく、ストーリーもかなりリアルであるということ。

アムロやシャアがニュータイプだ何だと戦ってる時に、影で地道に戦った人々に

焦点を当てています。完全に、ヒーローもの、ロボットアニメもの、というジャンルを

超えています。宇宙での戦争を本気で描こうとしてるので、理不尽だし、やるせない

ですね。「死」もひとつのテーマで、なんというか、ガンダムの、裏の部分なんだろうな~。

なので、

いっこも爽快感ありません。(爆)

ちなみに、このシリーズのテーマは「挫折するプロジェクトX」らしいです。あああ…

戦局がどんどん困難になっていく中で、人も、兵器も使い捨てられていくストーリー。

でも、毎回出てくるキャラも、秘密兵器も、なんともいえぬいい味を出してます。

だから、戦争して、戦って、無駄に命を落としてるのがとても勿体なく、贅沢というか。

ガンダムという括りでなくても、とてもリアルなので完成度高いでしょう。

あと出てくるMS(モビルスーツ)、めちゃめちゃカッコイイです。ガンプラ組みたくなります。

といっても、ガンダムは全シリーズ通して1、2秒しか出てこない気が。

重力戦線は、地上戦なので、生身の人間で18メートルあるザクをいかに倒すか?

という現実的なストーリーになります。ものすごくリアルな感じですよ、これ。

だって量産型ザク1機を倒すのにどれだけ苦労することか。実際、考えたら相当大変ですよね。

それにしても、このシリーズのザクはカッコイイです。

ザクの摩耗した部分、キズのつきかた、塗装の剥げ、使い古された感じが

ガンプラ好きにはたまらないと思います。

3DCGのアニメだから、ガンプラがそのまま出てきてる感じですもんね。

このアニメ見たらガンプラ売れますよ。とてもカッコイイ。

あと、意外と音楽がアニメソング離れしていて、それも良かった。

一言でいえば、ファーストガンダムのサイドストーリーなのですが、

このジャンルも面白いですね。

ガンプラ本格的にのめり込んじゃったら、

たぶん何度も見て一時停止して参考にしちゃいそう。

次は、

「機動戦士ガンダム第MS08小隊」ですね。

気長にいきます。

« 秋になったら聴く曲part2 | トップページ | カップヌードル(シャア専用) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガンダム(MSイグルー):

« 秋になったら聴く曲part2 | トップページ | カップヌードル(シャア専用) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

calender

copiris(師匠)

violin