photoback

無料ブログはココログ

« 狩野チャレ練習♪ | トップページ | オトナファミが届いた~ »

2010年11月28日 (日)

沼響の第九を聴いてきた

ずっと前から楽しみにしていた沼響の「第九」

いよいよ本番です。

母上の知人が合唱で2名参加しているほか、

今はもう卒業しましたが、以前うちのピアノ教室に通っていた生徒さんが、

1stヴァイオリンで出演します。

中学校1年生です。

初オケです!!!

中学校1年生でオーケストラの一員になれるなんて、とても幸運なことじゃないでしょうか。

本人も、オーケストラが楽しくて楽しくて、学校の勉強が手につかないくらい、

今日の日を楽しみにしていたみたいです。

開演のブザーが鳴り、

ライトでまぶしく照らされた舞台に楽団員が次々と入ってきて、

同じヴァイオリンのお父さんの後ろから、

本当に背格好のまだ小さい、彼がヴァイオリンを手に歩いてきました

中学に進学してからぐっと背は伸びたけど、まだまだあどけない雰囲気を残している、

彼はちょっと緊張した面持ち。

母上と私と、それから旦那も、「あっ、出てきたよ!」とちょっと興奮気味。

他の大人の楽団員と同じ、黒いスーツに白いネクタイ、負けてません。

第一楽章から、

指揮者をじっと見ながら難なく弓を動かしている彼は、本当に、いち音楽家でした。

カッコイイと思った。

一番好きだと言っていた第二楽章で、楽しくてしょうがない表情が見えて、

いいよね、二楽章!

と思わず頷いてしまった。

三楽章も、怒涛のような四楽章も、まったく緊張の糸をゆるめず弾き切り、

最後に弓がおおきく弧をえがいてヴァイオリンから離れた瞬間、

思わず全力で拍手している自分がいました。

小泉ひろし氏の指揮もとても素晴らしかった。

合唱は、市民の有志から募られた第九のためだけの合唱団でしたが、

発音など特によく指導されていたように感じました。



ベートーヴェンの第九は、海外では特に神聖なものとされ、特別な時にしか演奏されない

そうですが、日本では年末の風物詩ですね。

そんな神聖な曲を、一般人が、キリスト教徒でもない日本人が、一年のしめくくり的に

歌って、演奏して、いいのだろうか?…と疑問に思う人もいるかもしれません。

それでも、

たとえば、サントリーホールの、都響の、栗友会合唱の、何万円もするチケットで、

ドレスアップして聴く一流の「第九」にはない、

感動が、確かに、そこにはあるのです。

確かに、オケの腕はどうにもならない部分もあるし、合唱も、有志ゆえに男女の比率も

厳しい、きっと合同練習にも、指揮者との練習にも十分な時間はとれていないかもしれない。

でも、それでも。

本当に小さい子どもからお年寄りまでが合唱に加わり、顔を輝かせながら歌い、

人生で初めてのオーケストラに心を躍らせている少年がおり、

そんな人々の、まさに「晴れ舞台」を客席からあたたかく見守る家族があって…、

それは、一流の交響楽団をもってしても、

どうあってもかなわない、確かな魅力なのです。

そして、今日ほど、

「すべての人々は兄弟になる」

という、ベートーヴェンの第九の歌詞が、

こんなにも心に響いたことはありません。

日本のあちこちで、これから、たくさんの人が、年末にかけて「第九」を演奏するでしょう。

ベートーヴェンの神聖なる第九を、広く、たくさんの人々が演奏することについて、

私は、なんの疑問も持ちません。

これからも、市民がつくりあげる「第九」を楽しみにしていきたいと思っています。



初オケの彼には、私と旦那からメトロノームチューナーをプレゼントしました。

自分の耳と感覚を磨いていくための道具として、

少しでも使ってもらえたらと思い選びました。

これからも、彼に素晴らしい音楽との出会いがありますように。


そして、私も頑張るぞ~!

初乗りは先越されたけど…


これからは彼を先輩と呼ばなくちゃ

« 狩野チャレ練習♪ | トップページ | オトナファミが届いた~ »

コメント

充実した日々を送ってるねー
趣味の話が通じる仲間ができるって楽しいことだね

私なんて習字始めたばかりで勉強しなきゃいけないことだらけだけど、
hana*ちゃんは音楽の基礎がしっかりできてるから、
私とは全然違うレベルでの出発だよ~

私も早く自分の作品が作れるくらいのレベルになりたいもんだなぁ~

最近、今まで無駄に捨てていた時間を買い取りたいって思うくらい時間がほしいって思うんだよー
色んな事に手を出しすぎてて一つにかける時間が足りない!!
まだまだやりたいこといっぱいあるのに!!

これって充実している、ってことになるのかな
なんだか30代って20代と違っていい時間の使い方ができそうな気がするんだよ。
だから今のうちにやりたいこといっぱいこなしておこうと思うよ。

hana*ちゃんや友達が充実した日を送っているとこっちまでうれしくなるよ


そう、まさしく、

リア充。

だね

ブラスバンドは私にとって未知の領域だし、パーカッションも初心者と同じで。
楽譜が読めるといっても、楽器によって書かれかたが全然違くて、
なまじ知識があると思って取り掛かってもわからないことだらけ。
逆に、もどかしいばっかりだよ…

年齢を重ねるにつれ、若いうちからもっと勉強しておけばよかった、
と心から思うようになったよ…
大学も、あんないい環境に身を置いていたんだから、
もっと貪欲に勉強すればよかった…!
と、今になって思う。

だから、前途のある初オケの彼を、心から応援してあげたいなあと思うよ。
彼の前には、無限の可能性が広がっているわけで、
それが今の私にはうらやましくもあるので…

でも、自分も負けてられないっ
「やってみたかったこと」を、
「どうにかしてできるようにしてみせる」
っていうことに、今、貪欲になってるのかも。

ホントに、やりたいこといっぱいあるんだよね…!
一眼レフも、
パーカッションも、
ブラスバンドも、
ヴァイオリンも再開したいし、
ジャズも弾けるようになりたいし、
モンスターハンターもやりたいし(?)

確かに、本当に時間が惜しいっ

あと、アトムちゃんと御殿場ツアーも行きたいっ

充実したオンナ同士、また語ろうね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沼響の第九を聴いてきた:

« 狩野チャレ練習♪ | トップページ | オトナファミが届いた~ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

calender

copiris(師匠)

violin