photoback

無料ブログはココログ

« フォトムービー | トップページ | 狩野チャレ練習♪ »

2010年11月26日 (金)

幻のらーめん

「らーめん」のカテゴリがあるのに、(しかもわざわざ作ったのに)

今までまるでラーメンのネタがなかったので、これからはちょくちょく増やしていきたいです。

久しぶりのラーメンネタは、

もう絶対に食べることのできないマボロシのラーメン

沼津市の花園町にある「千歳屋食堂」の塩柳麺(塩らーめん)です。

Chitoseya2 創業当時から変わらない味¥550

スープが透明でさっぱり。そして、麺は自家製の細縮れ麺です。

メンマもチャーシューも店で煮ています。醤油味ベースで素朴な味。

のりは、スープに浮かべた時にバラバラにならないように、一級品を選んでいます。

ネギの量は、野菜がどんなに高騰しても変わりません。

この塩らーめんが、小さいころから大好きでした。

何をかくそう、私の伯母さんのお店です。

家族で細々とやっているお店は、ほとんど高齢者で支えられていて、若い人がいません。

ラーメン屋さんなのにとんでもない営業時間。

夜19時にはのれんをしまってしまうという…

それでも、お店はとにかくお客さんであふれていました。

小さな小さなお店だけど、

ロールスロイスで乗り付けて食べにくるお客さんもいたほど。

レジもなく、ノートに注文をつけて、お客さんの顔で何を食べたか覚えている、

そんなお店だけど、

旦那との初デートはこのラーメン屋さんでした。

何度も行きました…

2年前に伯父さんが病に倒れ、お店をやむなく閉店することになりました。

自家製の麺を打っていた伯父さんが頼りのお店。

誰かひとりでも欠けたら閉めざるをえない、そんな中で毎日店を開けるのは、

どれだけ大変だったろうと思います。

今日で最後、という日に旦那と食べに行きました。

だいぶ背中の曲がった伯母さんが、一生懸命中華鍋をふるう姿をカウンターから見て、

せつなくなったのを思い出します。

変わらずいい匂いの塩らーめんを前にして、思わず携帯で撮ったのがこの写真。

最後の一杯。

本当に美味しかった。

元気になってまたらーめん食べさせてよ、というみんなの願いも空しく、

伯父さんはかえらぬ人となってしまいました。

あれから2年、

やっぱりこれ以上のラーメンには出会えていません。

今でもこの味がなつかしいです。

私のラーメン好きは、たぶん、

この味を探すためなのかもしれません。

« フォトムービー | トップページ | 狩野チャレ練習♪ »

コメント

本当に、良い話だね・・・。

僕は、曾ばあさんの作ってくれた、おにぎりが忘れられません。
小さい僕が食べやすいように、俵形に握ってくれたおにぎり。
曾ばあさんの手作り味噌を、まわりに塗っただけなんですけどね。
今は、伝説の味となってしまいました。
再現・・・とは、おこがましいけど、味噌作りを始めたのは、そんな想いがあるからかもね。

きっと、伯父さん、喜んでると思います!

まごころのこもった味は、いつまでも心に残るのですね。
そして、伝説の味となってしまっても、
形は変わっていくとしても、

心意気は受け継がれていくんでしょう。

きっとオオツカさんの味噌を、
私が探しているらーめんの味を、

大切に受け取ってくれる人が必ず居るはず。

そう思います。

オオツカさんの曾おばあさんも、きっと喜んでいると思います!

美味しいものは、
思い出と共に受け継がれていくんですね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幻のらーめん:

« フォトムービー | トップページ | 狩野チャレ練習♪ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

calender

copiris(師匠)

violin