photoback

無料ブログはココログ

« 渡辺貞夫のクリスマスライブに行ってきた♪ | トップページ | 思い出のお店 Roe »

2010年12月12日 (日)

笑いが止まらない本

読んでいると、

「なんて面白い表現なんだろう」と、つい笑ってしまう作家さんがいらっしゃいますが。

今までの代表格は土屋賢二でした。

御茶ノ水女子大の名誉教授なのに、この人の自虐的なエッセイは本当に笑えます

そして、

最近のヒットは

「さくら剛」です。

Sakura いつもこんな感じの後ろ向きなタイトル


この人のことは賛否両論あるかもしれませんが、私はかなり好きです。

でも、この人のお下劣なちょっと体験できそうにない旅行記は、

読むのにそれなりの理解がないと無理かもしれない…

著者が自分で、R-⑱ならぬ、R-潔癖、と書いているくらい潔癖な人には無理。

アフリカ、インド、中国などの、どちらかといえば過酷な環境を一人旅する、

「ひきこもりニート」

の、旅行記です。

旅行している時点でひきこもりとは違う気もするが、気概が引きこもっている、と…

まあそういうことです。文章の約半分はツッコミで構成されているような気もします。

ところどころ、声を大にして言いたいところ(得にツッコミ)は、

本当に字がでかくなっている

のが、バラエティ番組のテロップみたいで面白い。

そして、なんというか半分はツッコミのはずなのに、情景がありありと浮かんで、

それがまた嫌だ。

過酷な旅がこれまたまざまざと思い浮かんで、読んでいるこっちも辛くてしかたない。

でも、面白い。

「水曜どうでしょう」の、大泉さんが深夜バスに乗りながら愚痴しか言ってないのに

なんだかものすごく笑えるのと多分似てるんだと思う…。

今までにはなかった旅行記だと思います。

何も考えずに笑って気分転換したい時などにおすすめ。

« 渡辺貞夫のクリスマスライブに行ってきた♪ | トップページ | 思い出のお店 Roe »

コメント

これ、読んでみたい(笑)
旅本読むのって大好き

そういえば今年のお正月はなぜか中谷美紀のインド旅行記を読み、
明けた2日には新横浜でインドカレー食べてたな・・・

インド旅行記って結構色んな人が書いているけど、それぞれインドに対する感じ方違うんだよね~
不思議だ。。

インド、いつか行ってみたい気もするけど・・・
今のところ旅行記で充分かな~

面白いよ~

でもね、まあわりと、お腹こわした話とかお腹こわした話とか
お腹こわした話なんだよね(笑)

でも旅ってそういうものなんだろうね…遠い目

ツッコミまくる旅行記、けっこう面白いけど
自分が旅する時の参考にはしたくないっ
この人が経験した旅行だけは、絶対に無理(笑)

インドは、
なんか本当に人生がまるで変ってしまいそうで、
それが怖くて行くのがやだ…

ものすごく当たる占いっていうのはちょっとやってみたいけど…

私も今のところは旅行記でお世話になってます。インド方面。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑いが止まらない本:

« 渡辺貞夫のクリスマスライブに行ってきた♪ | トップページ | 思い出のお店 Roe »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

calender

copiris(師匠)

violin