photoback

無料ブログはココログ

« 節分豆まき恵方巻き | トップページ | 打ち合わせ♪ »

2011年2月 4日 (金)

災難つづき…

ここ2年くらい、

寒い時期には決まって右手の親指の付け根が痛くなるのですが、

今年もまた…。

今までは湿布や長めの入浴でだましだまし、春を待っている感じだったのですが

腸炎で食べれなくて栄養分が不足したのか

単にもう「皇潤」なお年頃なのか、

厄年

だからなのか、

今年はかなりの激痛でございます

利き手だし、料理もするし洗濯も運転も演奏もするし

右手をかばっている暇がありません…

市販の湿布なども貼ってみましたが

ついに、今朝は

洋服のボタンをかけることすらできなくなってしまいました(泣)

腕のあたりにまで痛みが上がってきてしまったので、

しかたなく…

御殿場の整形外科に行ってきました

レントゲンも撮られましたが

やっぱり、

「腱鞘炎」

と診断されました(わかってたけど…)

どのタイミングで腱鞘炎になってしまったか今となってはわからないため、

どんな動きが右手の負担になっているかわからないとのこと。

なので、

「できるだけ右手を使わないこと!」

と言われましたが

無理だよ…。



とりあえず内服の痛み止め、

サポーターと塗り薬、湿布で様子を見るということでございました。

身体の内側が治ったと思ったら今度は外側ですか。

どうも、ガッカリでございます。

サポーターは動きを制限してくれるだろうし、保温もできるので、

サポーターの活躍に期待しております。

ところで、

利き手の親指というのは、

人間の指の中でいちばん使用頻度が高い指とのこと。

「治りは遅いでしょうね。」

と、言われてしまいました

うう、

一病息災…

« 節分豆まき恵方巻き | トップページ | 打ち合わせ♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 災難つづき…:

« 節分豆まき恵方巻き | トップページ | 打ち合わせ♪ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

calender

copiris(師匠)

violin