photoback

無料ブログはココログ

« バナナで作ってみた | トップページ | おいしさイナズマ級!! »

2011年4月 2日 (土)

狩野チャレ練習に行ってきた♪

今日は恒例の土曜練習ですが、

参加人数が多くなってきたため

早めに楽器を積み込んで出発です♪


小さめの音楽練習室に

ギュウギュウ

という感じで練習が始まりました~

今日はシンバルやドラムセットなどの大物打楽器もあったり

ラチェットもあって(うおあー人生初ラチェットだ~!)

だんだんスコアどおりの音が出てきたんじゃないかなあ~と思います

初めは「ぐるりよざ」

冒頭に出てくるグレゴリオ聖歌の練習もしました

この曲の解釈をコンダクターさんがしてくれました

隠れキリシタンは西日本地方での出来事ですが

「苦しみを背負っている人々」という意味では

被災された東北地方の方々とどこかオーバーラップするところがある、と…。

確かに、第一楽章の「祈り」は、

受難のイメージです…。

冒頭に出てくるグレゴリオ聖歌が主題となり、

まさにキリストの受難の回数「13」回変奏されるのです。

しかし、一楽章の最後はとても力強く、

そのフレーズは哀しみだけでなく、決意のようなものすら感じさせます…。

第二楽章の「唄」は、どこまでも切なく響く龍笛とスレイベルの残響が、

あたかも嘆きの鎮魂歌のようです。

第三楽章の「祭り」は、

タイトルから想像できるような幸福感のある「祭り」ではありません。

それでも、前に進むしかない時の流れのようなものが感じられます。

やりきれない過去を、それでも時間に押し流されながらなんとか生きていく、

そんな印象なのです。

本当にいい曲です。

人生初ラチェット、鳴りました!(本番では咬んじゃって鳴らないジンクスがあるらしい…)

人生初サスペンデッド・シンバルもクレッシェンド(たぶん)鳴りました!

この曲では担当する打楽器の種類が多くて、ちょっと気持ち的には忙しいですが

うまくこなせたらいいなあと思います…


2曲目は、エル・カミーノ・レアルやりましたが

ピアノパート初めて合わせて弾かせてもらいました…

地味に緊張した…

思ったよりテンポゆっくりなのに

聴かせどころのアルペジオがハマらないってどういう訳!?(サイテーだ)

練習だ練習…

あと、真後ろでみなさん吹いてらっしゃるので自分の音がまるで聞こえないっ

こんなの初めてです!



シロフォンパートは、相変わらずへったくそだな!

というくらい、下手です(泣)

冒頭ソロなのに…

一番初めに楽譜をもらったから、一番慣れていてもおかしくはないと思うんだけれども

ガッカリしちゃいます(泣)

めげずにコツコツ練習しよう…。


本当に、あと一か月で本番なんだろうか!

なんなら、あと3か月くらいあってもいいよ!と思います(汗)

あと、恐れていた大地讃頌の練習はなかった…

やれやれ。


練習のあとに飲み会があって、行きたかったのですが

どうも喉が痛くて熱っぽいので帰ってきてしまいました…


知恵熱だろうか

曲のこととか打楽器のこととか、みなさんとたくさん語りたいんだけどなあ~

また次の機会を待とうっ

というわけで、今日もお疲れ様でした♪



« バナナで作ってみた | トップページ | おいしさイナズマ級!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 狩野チャレ練習に行ってきた♪:

« バナナで作ってみた | トップページ | おいしさイナズマ級!! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

calender

copiris(師匠)

violin