photoback

無料ブログはココログ

« ヴァイオリンのケースに… | トップページ | 初夏に聴く曲♪ »

2011年5月18日 (水)

レッスン6回め

今日はレッスン6回め。

A弦とD弦の混合、三度、四度、六度と音の開きが出てきて、

移弦などもあり、すでに余裕がなくなってきつつあります(笑)

レッスン前に一時間ほど練習した時に、

私の練習を聞いていた母上が爆笑。

あまりの音程の悪さに、吹き出してしまったようで…

イヤ難しいんだってば(笑)

さて、今日は

弓の体操、

調弦、(だんだん合ってきた)

篠崎「毎日の練習」をはじめいくつか、

「むすんでひらいて」はなかなか難しいです…

「ラソラシ」と弾くのは意外と難しい!

特に、移弦して4の指で弾かなくてはならない「ソ」が難しいのです。


ここで先生がアドバイスをくださいました


弦から、すべての指を離し過ぎないようにしておくこと。

確かに、一音一音弾くごとに指を盛大に離してしまってました。

弦の近くに、指をスタンバイさせておくこと。

しかし、これを保っていると左腕がかなりひねりあげられるような体勢になり、

けっこうつらい…

でも、押さえる力が強すぎている指の力もある程度抜けるし、

音程もとりやすく感じるし、

この体勢で練習しようと思います



先週も奥が深かった「ロングロングアゴー」

弓はなんとか、八分音符と四分音符、二分音符で動きを変えられるようになりましたが、

変奏の十六分音符の刻みがゆるく、

「よしよーし」と撫でながら弾いてる感じになってしまっている…

弓の扱い方(刻んで弾く)ができてない。

そして、一生懸命刻もうとすると、今度は重たい感じに。

軽く、スタッカートで弾く弾き方を教えていただきました

弓を持つ右手の、人差し指に少し力を込めて、その力を抜いた後に弓をひく。

???( ゚д゚)???



膝を曲げて沈み込んで、ちょっと弾みをつけるようなイメージ…

十六分音符の、頭にはアクセント、あとは惰性を利用して弾むように…。

弦を引っ掛けるような感じで、力をうまく調節できると、切り口の鋭いというか…

タンギングしたような感じの音が出せるとのこと。



む、難しい…



家に帰ってじっくり練習してみよう…。

イメージは、なんとなくつかめたような気がします。


課題はひととおり弾いて、今日は「スラー」が出てきました。

これといって問題なしですが、弓のアップダウンがスラーで分かりづらくなりそうなので、

入念に練習したいと思います



G弦も出てきました~

音程はまあ、取れるのですが音があんまり良くない気がする…

練習あるのみですね。

今週の課題は、けっこうたくさん!

どんどん練習しなきゃです♪

でもいろんな曲が出てきて楽しいので

弓や音程などいろいろ、気を付けながらこなしたいと思います!

« ヴァイオリンのケースに… | トップページ | 初夏に聴く曲♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レッスン6回め:

« ヴァイオリンのケースに… | トップページ | 初夏に聴く曲♪ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

calender

copiris(師匠)

violin