photoback

無料ブログはココログ

« いるいるこういう奴 | トップページ | 残念! »

2011年8月27日 (土)

夏のグループレッスン その2♪

小学校4~6年生の、夏のグループレッスンです。

ピアノやキーボードを使っての合奏は、いま流行の「マル・マル・モリ・モリ」。

スーパーかんたんに弾ける、C-durの楽譜を買ってきて使いました。



臨時記号も少ないし、何より子どもたちが曲を歌えてリズムを「知ってる」ので、

初見でもばっちりいけます。


ピアノの伴奏もリズムが楽しくて、合奏していても面白かった~


何より、みんながテンションを保って弾けてる、ってことがスゴイ。さすが流行中だけあるわ…。

合奏したり、ひとりずつ弾いたり、アップテンポで弾いてみたり。

いろいろ試して、盛り上がったところで「合奏」は終了~。

この後の「お遊び」企画でいつも悩むのですが、

小学校高学年ともなると、なかなか注文がキビシイ…

いつもどんなことをやるかで、悩みます(泣)

今回は、密かなブーム?の、「島ぞうり」。




夏も終わりに近づいてますが、夏じゃないとできない工作なので、今回はこれを採用。

沖縄から人数分の「島ぞうり」を取り寄せました~

いわゆる、ビーチサンダル、です。


Shima6 こんなパッケージでした。


色は、赤、青、緑、黄色、茶色、紫、ピンク、黒…とカラフルなのですが

仕入れの関係で、女子はピンク、男子は緑に。

買ったばかりの「島ぞうり」は、こんな感じ。



Shima7 いたってシンプルな白のソールです




この白い部分にエンピツで好きな絵を書いて、

その部分をカッターで切り取っていきます。

白のソールの下層は、鼻緒と一緒の色のスポンジになっているので、

好きな模様が切り取りできる、という仕組み。

Shima2_3 削ったあとの模様も面白い




「絵」を描く子もいれば、↑のようにボーダーにする子もいて、

なかなか個性が出て面白い。

イニシャルを入れれば、オリジナリティーが増します。

始めは悪戦苦闘してましたが、みんななんとか頑張って彫ってました~。





Shima1_2 なぜ、「茶」…。




でも、緑のボーダー可愛い。私も作ってみたくなっちゃいました。

みんな、「これは難しいよぉ~」と言いながら作ってましたが、試行錯誤しながら

なんとか仕上げてました。

ちなみに、私が見本で作ってみた「島ぞうり」。

Shima3 大人らしく?「黒」をチョイス


…やっぱり、「文字」は、難しいです。

もう少し、下絵を大きくとらないと細かい彫りは大変かも。

とはいえ、一点ものなので、プレゼントとかも喜ばれそう。



Shima5 渾身の「ヴァイオリン」。




さっそく履こうと思ったのに、これは「展示用」になるそうです(母上命令)。

音楽関係の知り合いに、プレゼントしても喜ばれそう。

…結局、自分がいちばん楽しんじゃってたり。




ともあれ、これで夏休みもおしまい。

次の夏に使えるように、みんなのサイズよりひとまわり大きくオーダーしたので、

きっと来年も履いてもらえるんじゃないかな。



本当の「プロ」の方が作った「島ぞうり」は、もっとアーティスティックです。

そして、お値段も3000~5000円くらいと、これまた贅沢。

無地の島ぞうりは、580円くらいですが、

まあ、自分で彫ってみると、その手間と、意外とデザイン力も要求されて

(鼻緒の位置とか、ぞうりの形とか)

納得のお値段。

今回参考にさせていただいた、「マキノコ製作所」。

もし興味のある方は、こちら。



http://makinoko.net/makinokoworks/Home.html



« いるいるこういう奴 | トップページ | 残念! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏のグループレッスン その2♪:

« いるいるこういう奴 | トップページ | 残念! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

calender

copiris(師匠)

violin