photoback

無料ブログはココログ

« いいなぁ… | トップページ | Happy Wedding♪♪ »

2011年9月28日 (水)

レッスン23回め

先週、台風の中を無理矢理レッスンにお伺いし、

結局身の危険を感じるような時には音楽をやってる場合じゃないということを

ガックリ感じ…。

レッスンもほどほどに暴風雨の中を帰ってきたのでした。

さて、今週。

うって変わって穏やか過ぎるほどの秋晴れ。

先生から連絡があり、

先週短縮したレッスン時間を、今日の分にプラスしてくださるとのこと!

なんて良心的!そして、ホントに有難いお申し出…!

というわけで、いつもは45分レッスンですが、今日は60分レッスンでした♪♪

先週の台風の話題やら、週末に行ってきたfuji響のお話もちょっとして…。

弓の体操。

調弦。

篠崎2巻、「左手指の練習」12、13番。

カイザー1巻の1番のうち

デタシェ、変奏3種類(6,7,8番)、

今日初めてカイザーを見ていただきましたが…、

とっても弾きにくい(そりゃ練習だから弾きやすかったら練習にならないけれども)。

変奏になると、特にハードルが上がり。

弓の使い方をとにかく鍛え上げられているような感じがします…。

特に三連符で弾き続ける変奏は上げ弓と下げ弓が織り交ざってコントロールしにくい。

危なげながらもなんとか弾き終えると、

「うーん、その速さで弾くのは難しいんだけど…弾き切っちゃいましたね」と先生。

そっ、…そうなんだ…。もっとゆっくり弾いてもよかったんだ…(汗)


次回は、変奏の続き。スラーが入ってくる9、10、11番の3種類。

ちなみに、1番の曲好きです。

練習曲のくせに、なんか好きです。なので、練習していてもあんまり苦じゃないですね。

音程とかもビシッと…何度弾いてもどんな変奏でも外れないように意識していきたいです。

さて、ヴィブラート。

指板に指先を固定した状態で、ひと弓16回の振動。

相変わらず4の指(小指)が難しい…。

それから、ちょうどカイザーの2番がとてもゆったりな曲で、始めは全音符~全音符~と

ロングトーンなので、「ヴィブラートの練習にちょうどいい」ということで、

カイザーの2番の途中までをヴィブラート実践練習。

いざ、やってみるとヴィブラートが4拍のうち2拍くらいまでしか持続せず…。

どの音符にヴィブラートをつけて、どの音符につけないのか。という判断もできず…。

そして、曲自体もなかなか手ごわく…!

さんざん、ボロボロな感じで先生に見ていただくことになってしまいました。

ここでいただいたアドバイスは、

「次の音を鳴らすギリギリのところまで、ヴィブラートを途切れさせないこと」

「ヴィブラートをかける、ということにひたすら慣れるため、開放弦以外、、すべての音に

ヴィブラートをかけること」

「…あとは慣れ!!!!」


確かに、「どう動かすか」などはなんとなく時々「掴めたか?」と思える瞬間があるのです。

その瞬間をできるだけ長く。

動きに慣れて一定の間隔で保てるように。

分かってはいるけど、思うように動かない左手が~~うう~、もどかしい~~。

とにかく慣れていくしかないですね…。がんばります…。

篠崎2巻に戻り、

a-mollの練習曲「ロシア舞曲」。

1stと2ndを両方練習していきましたが、今日は2ndから。

この曲は別にすごく好き~というわけでもないのに、なんだか練習が上手くいった…。

不思議な曲です。

1stの最初に出てくるフレーズが「テーマ」のようになっていて、2ndがそれを追うように

入ったりするので、ちょっと輪唱っぽい雰囲気もあるかな。

2ndだからといって、その「テーマ」まで抑え気味に弾いてしまうと、この曲の面白さが

なくなってしまうので、「テーマ」が出てきたら前面に出るような感じで主張していいです、

というアドバイス。

先生と合わせると難しいところが落ちそうになっちゃったりしたのですが、

なんとか持ちこたえて弾き終えました~。

二重奏だと面白さが増すっていうのが楽しいな~。

次回は、G-Durのスケール。四分の三拍子スラー練習、

練習曲「メヌエット」。小学校1年生の時にピアノの発表会で弾いた思い出の曲です…。

この曲にも、「せっかくだからヴィブラートをつけて練習しましょう」…!

ということで、ヴィブラートも頑張らねば。

ただ、あまりヴィブラートにとらわれすぎても曲の練習にならないので、可能な範囲で、

というハンデをいただきました(笑)

スタッカートのヴィブラートがかかると響きがきれいになって雰囲気出るんだけどな…

何事もチャレンジ&研究~!

一週間試行錯誤してみて、先生に見てもらおう…。

さて次は篠崎3巻。

サードポジションとシフティング、ハーモニクスの練習。

サードポジションは、「左手の肘をもっと内側に入れ込んで」と言われ…、

そうやって弾いてみると音質が全然違うっ!!

今まで音が「マットな感じ」で、全然響きがなくてガックリしながらスケールなんかを練習

してたのに、指先のちょっとした角度でこんなに音が変わるとは思いませんでした…!

練習曲は「たのしい行進」、

1指を押さえたままのスケール。

シフティング+移弦の練習、

練習曲は「子守唄」、「ホームスイートホーム」。

スケールやシフティングは引き続き練習するように、ということで、

次回は「ハーモニクスを含んだスケール」、

練習曲は「(弾きにくいと評判の)ソルベーグの歌」、「月」。

それから、サードポジションへのシフティングをもっと実践的に練習するために、

次回、「ホーマン4巻」を持ってくるように、と言われました~

「あまり多くなると大変なので、少しずつやっていきましょう」と付け加えていただきましたが。

教本、4冊になるな…私大丈夫かな!?やれるのか!?



最後にちょこっと、弦楽アンサンブルの曲の指づかいだけアドバイスをいただいて。

盛りだくさんの60分でした!

はー、楽しかった☆

« いいなぁ… | トップページ | Happy Wedding♪♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レッスン23回め:

« いいなぁ… | トップページ | Happy Wedding♪♪ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

calender

copiris(師匠)

violin