photoback

無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

レッスン30回め

記念すべきレッスン30回め。

明電舎の記念コンサートで「来賓が多いので、花束等は対応しきれませんので自粛してください」

と言われてしまったため、先生にお渡ししようと思っていたボジョレーを持参してのレッスン。

やはり、話題は先日のコンサート。

舞台裏を少しでも聞けるっていうのはとても楽しい!


先生は、「シンフォニックダンス」のスコアに、曽我大介さんのサインをもらっていた…。

やはり曽我先生のことが気になり、

「リハーサルはどうだったんですか??」と聞いてみたところ、

「もうね、全面的におっしゃる通りです、という感じの影響力でね…」と。

音程、リズム、ブレス、そういったものを徹底的に合わせていく作業と、

スコアの読み込み。

あー、凄いなぁ!世界的指揮者にレッスンしてもらってるんだもんなぁ~!

ぜひとも公開ゲネプロとか、してもらいたかったなぁ!!



さて話は弾んだものの、レッスン。

調弦のあと、

カイザー1巻、3番。

バリエーションは8番と9番。

8番はシンコペーションで、四分音符にアクセントがつくので力加減が難しいけど、

なんとか弾き切れたかな。

注意点としては、「音の出る前に指が準備できているとスムーズだけど、準備ができて

いないと音が崩れたりリズムが乱れたりするので、その点を注意すること」。

9番は付点四分音符と十六分音符で、これまた難関。

スラーで囲ってあるふたつの音型を、またぐ部分でリズムを意識するときっちりとした

リズムで進んで行けますよ。というアドバイスをもらった。

確かに。自分では、弓の配分やチカラ加減ばかりに気をとられていて、

リズムがお留守になってしまっていたかも。

指摘を受けた部分を気をつけながら弾いてみて、2つとも合格。

来週は、バリエーション10番と、「まとめ」の弾き方。フレーズにアクセントはついているけど、

速く弾く場合はスタッカートを強調する必要はない、という事前アドバイスをいただいた。

何週か弾き続けると、少しずつ音程が合ってくるような気がしてコツコツ練習するのが

楽しいかも。意外とちゃんと曲になってるし…。


さて、篠崎2巻。

e-mollのスケール、

e-mollのスケールを使った強弱練習…フォルテだけ、とかピアノだけ、またそれを交互に、

といった感じの練習。

それらを応用した練習曲「祈り」。

ゆっくりと弾く曲なので、ヴィブラートがちゃんとかかるように気を配る。

フォルテの部分は全弓使い切る感じで、ピアノの部分は弓を指板により近づけて。

短い曲だけど、中盤から動きのあるフレーズになり、その部分は弓の使い方がけっこう

難しい。配分も気をつけて、元からはじめて先までの全弓、先から元までの全弓、と

繰り返しながらもクレッシェンドーデクレッシェンドが出るように。

1stを気をつけながら、先生と合わせていただいて、今度は2nd。

1stの動きに合わせながら強弱をつけていき、単独のフレーズはディナーミクに

とらわれずにクレッシェンド。

強弱の変わり目はアウフタクトのイメージで。

上向音型のフレーズはクレッシェンドしやすいけど、下向音型のフレーズをクレッシェンド

する場合は、よほど意識しておかないと無意識にディミヌエンドしてしまうので、

その部分は特に要注意。

…という2ndの奥深い注意点をご指摘いただいて、もう一度先生と合わせ。

音程が若干甘いところもあったけど、まあまあうまく合わせられたかな。

次回はD-durのスケールと移弦の練習、練習曲「ノルウェー舞曲」。



今日のレッスンはここまで。ホーマン4巻は次回に持越し…(内心ホッ)。

やっぱりポジション移動の山盛りな曲は、私にとっては難関で(涙)。

でも、こういう曲を練習していると、2巻に入ってやっぱり難しいかな~と感じていた篠崎が

わりと弾きやすく感じられる気がする。

丁寧に、コツコツやっていこう~。



2011年11月29日 (火)

ラッキーな出来事

以前、

アパートの駐車場から立ち退きを迫られ、

パソコンが壊れるという事態に散々落ち込んだワタクシでしたが…

駐車場は遠いながらもとめられてるし、

パソコンも相変わらず快調。


そんな中、携帯に見知らぬ番号から着信がありました。

なんだ?と思い出てみたら。

「あのー、不動産屋ですが。

以前、アパートの近くの駐車場が空いたら連絡がほしい、と言われていたのですが」

んん?


「ご希望のアパートの隣はまだ空きが出ないんだけれども、

アパートのちょうど向かいなら一台空くんですが」

まじですか!?


すぐさま

「契約します!でも、今契約してるところがあるんで、解約出来次第、お願いします!」

と即答。


こんなに早く近くの駐車場が空くなんて思っていなかったので、本当に嬉しかったぁ。

これでアパートの近くに止められるなぁ。

今度の駐車場は近いし、出やすいし、ちゃんと舗装してあるし、街灯もあるし、

それで今までとおんなじ金額だから万々歳です。


今までの契約は12月末で解約。

来年の1月から、晴れて「近くの駐車場~」

ラッキーです。嬉しい!!!

2011年11月28日 (月)

骨盤枕…

大学時代からの友人、「みっちゃん」は、

いくら食べてもまったく太ることがなく、

食べた分だけ横に伸びていきやすいワタクシは、いつもうらやまし~と思っていたものでした…

そんな「みっちゃん」も子供がふたり。

体型が変わるかな?と思いきや、相変わらず細い…

そんな「みっちゃん」が、

「さいきん体育座りするとお腹が邪魔になってきた。初めての経験」

と、日記でつぶやいていた…



わ、私は日常的に体育座りをする学生の頃から

確か腹が邪魔だったような気がするんですが

なんともうらやましいお人だ。

で、そんな危機感を持った彼女が(いらないとは思うんだけど)骨盤枕を購入。

まあ、ダイエットというよりは、歪んだ骨盤を直そうとする試みでしょうね(と信じたい)


で、私も以前から骨盤に興味があり…

というのも、筋金入りのO脚。

下半身と腹の脂肪の素晴らしさ。

猫背。

くびれなし。

などという現状は、すべて骨盤のせいらしい。


で、思わず「寝るだけ!」といううたい文句に誘われて買ってしまったのです、

骨盤枕本。

だいたい、骨盤枕はバスタオルを2枚使えば作れるらしいのに、

それさえ面倒くさくて「骨盤枕つき」の本を買っているあたり、

どれだけやる気がないか、みなさんにはもうお分かりのことと思います…(ニヤリ)

運動もせず、寝るだけで本当に痩せるかといったら

絶対に無理だとは思いますが

実際、骨盤枕を使って5分身体を伸ばすと

ちょっと気持ちいいです

まあ、実はヴァイオリンの練習前にも必ずストレッチをするのですが

(幼少から始めたわけではないので、左腕をねじりあげる感覚はまだ苦痛を伴ってます)

やっぱり身体のあっちこっちを「伸ばす」ってのは

いいですね


まだ使い始めて3日で

本に書いてあった「くびれがすごいね!とダンナさまにほめられた♪」

という効果が出たのかどうか

旦那にむかって

「なんか、くびれてなーい?」

と見せてみたところ、



「うん、気のせい」



とアッサリ言いやがりました



そんな旦那もなぜか昨日から一緒に骨盤枕で伸びてます


骨盤…元の位置に戻るといいな…







2011年11月27日 (日)

グラタン。

冬といえばグラタン。

なのか?


Glatan


旦那の実家からたくさんブロッコリーをもらいましたが、

「ゆでただけ」のブロッコリーだと、何故か人気がなくて。

温野菜として食べるのがやっぱり一番なのかな、と考えて

グラタンに投入してみました


具の中にも、ブロッコリーの茎が入ってます

食感が面白くて、なかなかの人気でした!

良かった良かった!



どうもお子様メニューに人気が集中する我が家でございます。

2011年11月24日 (木)

さとやき。

旦那の実家でもらってきた里芋で、

めちゃくちゃ美味いおかず、「さとやき」を作成~




Satoyaki_2 




里芋を皮つきのまま塩ゆでし、(これだけでも美味い)縦半分に切る。

断面に醤油を塗って、

オーブン(トースターでもよい)に投入。

表面の醤油が乾いたら、さらに上から醤油を塗り。

3度ほど繰り返すと、

醤油の焦げるいい匂いが。

あとは、ワサビを上にちょこんとのっけて。

皮のところを持って押し出すと、そのままつるん、と出てきて食べられます。


ウマイ~~~


ビールでも、日本酒でも合うつまみだな、これは~!


別バージョンで、味噌+醤油+砂糖+みりん、これでも美味~


素朴な味のわりにちょっと手間な気もしますが、

美味しいのでぜひ試してみてくださいな~。

里芋は、小ぶりなものがおすすめです~。




2011年11月23日 (水)

魂入れ

旦那のおじいちゃんの四十九日が終わり、

新しいお仏壇がお家に入ることになりました

で、そのお仏壇にお経をあげてもらって、位牌を置くのが

「魂入れ」


という儀式で、

今日は13時から住職さんが来るというので、行ってきました~



玄関から入ってすぐの居間の片隅に入ったシンプルな「家具調」のお仏壇。

調度品も、ご本尊?も真新しく、ピカピカです…

お経をあげてもらって、お線香をあげて…

和尚さんがお箸みたいな棒で「エイッ」とかやり…

ものの10分程度で、


入りました(たぶん)


木彫りの仏様の向かって左側におじいちゃんの位牌を置き、

旦那とふたりで、

「いやー、いいお仏壇が入ったねぇ」

と眺め、

「ちーん」と鳴らす鈴のデザインがちょっと今風になっていたり、

クリスタルに彫ってある感じの蓮の置物とかがいい感じだねとか

この木彫りの仏様も、すごく細工が細かいね!などと話したりしていたのですが


ん?


なにか



何か変だ???



木彫りの仏様…


なんか



手が逆…?




旦那と

「えーっと。こっち向きに立っていて。手がこうだから、親指の位置はこっちで」

と検証してみたところ。


左右逆。



…ということが判明いたしました。

で、旦那が

「お母さーん。これ、手が逆じゃね?!(汗)」

と慌てて訴えると、お義母さんはあらやだ、という感じで走ってきて


「直して直して」



と、仏様をひっつかんで、手首から



スポッ



と抜きました



ぬ、


抜けるんだ…


いやー、びっくりした。


その後、みんなでお茶を飲んでから、旦那がまだ墓石屋さんに墓誌の文字入れ代金を

振り込んでいなかったことが判明して、銀行によりがてら今日は失礼することに。



とりあえず、

これでひと段落、なのかな?


あとは一周忌になると思います。



ここまであっという間だったなぁ…。






















2011年11月22日 (火)

主婦に戻り…。

本番後は、いつものごとく。

ほったらかしぎみだった主婦業を片付けるのが恒例です。


お風呂や洗面台などの水回り、

掃除機かけ、

台所、

居間…、

さんざん、掃除をしました~

カラになっていた冷蔵庫を満たすべくお買いもの。

夕飯のしたく。


これはこれで、達成感あるなぁ~(笑)。












2011年11月21日 (月)

ぐったり

起きれません(泣)。

ぐったり。


午後から仕事があるんだけど、身体が重い~~




そして、ぼーーーーーーーっ

としてしまう。




やはり疲れを翌日に持ち越しますね。そんな年齢。


本番終わったんだよなぁ…


達成感というよりは、虚脱感…??


いやいや。心地よい疲れだと思いたいです。









2011年11月20日 (日)

狩野チャレラテン演奏会本番☆

朝から快晴!

それだけでもテンションが違うけど、寝不足で朝日が眩しいな~!と顔をしかめながら

静浦地区センターへ。

沼津市街を抜けて静浦まで来るのは数えるほどしかないけど、本当に海抜低いなぁ。

で、地区センターへは一番乗りしてしまった(汗)もっと時間かかるかと思った…

気のいいおばちゃんと、広々とした練習会場で静浦地区センターかなりの高評価。

練習は、一曲目からざっと飛ばして、注意点を確認する感じで。

「ソーラン節」は、ソロの部分を一回弾いておきたかったので気合いを入れる…。

というかひとりで勝手に緊張…

でも、もう狩野チャレのみなさんの前で失敗することをあんまり恐れなくなったなぁ、私。

失敗してもいいやと思えるようになったなぁ。

団長の歌声が聞こえたのか、隣の体育館で練習していたママさんバレーのおかあさん達が

練習場の窓を外からガララと開けて覗いている(笑)

いやー、聴いてってくださいな~。

ちょうど全曲通し終わったところで、予定時間の12時過ぎ。

楽器を片付けて、会場の「沼津リバーサイドホテル」に向かう。

静浦から沼津市街への道がかなり混んでいて、お昼を食べる時間が危うい…。

ホテルに着いたら、搬入口から会場までひたすら楽器を運び続ける。

搬入の合間に、「きつねの嫁入り」行列が通り、みっちーと旦那くんに手を振った。

あー、ちゃんと見たかったなぁ。おめでとう~!

楽器を運び終わって集合時間の14時を過ぎ、会場セッティング。

ホテルの舞台ぜんぶ使う勢いで、ひな壇とボーカルのスタンディングエリアを作る。

今年はたぶん、去年より大がかりな舞台。

確か、観客として見てた去年は、狩野チャレのドラムセットは舞台から下りてた気がする。

今年はボブのセットも狩野チャレのセットも舞台に乗っかって見た目も豪華だ!

ピアノはボブの真後ろ。特等席だぁ!

ボーカル用のマイクスタンドには、3色のカワイイキラキラ飾りが。

「おやつまみ」、3個は買おうと思ってたのに、リハ前に財布をフロントに預けてしまい、

結局買えず…(泣)。

17時になり、開場。

お子様ふたりを連れてご来場くださったM月さま、どうもありがとうございました!

嫁入り後のみっちーや旦那君、いけちゃん、さとちん、見に来てくれてどうもありがとう~!

17時15分からはリズム体験。

ボブがたくさん持って来てくれた楽器をひとつずつ配る。

ピコピコハンマーとか、振り回すとヘンな音の出るホースとか、「これ楽器?」

みたいなものまで、本当にたくさんある。

「富士山」のメロディーに合わせて、みんながそれぞれ楽器を鳴らしていくと、

会場に一体感が出てきたりして?

少しでも参加して楽しんでもらえたら、と思う。

18時から本番。

しょっぱなの「太陽風」…は、もうちょっとうまく弾きたかったなぁ。けっこう好きだったのに…

2曲目の「スパニッシュフィーバー」で、もうドラムセットに座る…。

緊張して落ちそうになっちゃったり、バスドラ忘れがちになっちゃったけど、

なんとか終了~。もう、ずーっとボブ見てたなぁ…。(汗)邪魔しないように…(泣)

そのあと、リハの最後でちょっと試した「バケツバトル」。

ポリバケツを大小並べて、スティックで叩きまくる!!というもので、

メンバー5~6人「やる人~!?」に、つい手を挙げてしまった…(自信もないのに)

リハ自体があまりできなかったから、ぶっつけで私はあんまり上手にはできなかったけど…

やっていて結構楽しかった!(…というか、走り回って地味に疲れた…)。

終わってから、ボブと

「あ、エグザイル(の、ぐるぐる回るダンス)やるの忘れた」

と気づき、やっぱりリハ中とか、遊んでる時に突然思いつくものには勝てないよね~

なんて話をする。

さて、3曲目は「アフリカンシンフォニー」でジャンべ、

4曲目はまたドラムセットの前に座ってめちゃくちゃ速い「オブラディ・オブラダ」、

(もう叩いてる感じしなかった…なんか…)

5曲目はピアノで「フール・オン・ザ・ヒル」、この変拍子っぽい編曲がけっこう好きだったなぁ。

6曲目はコンガで「ヘイ・ジュード」。

演奏前に「Xtimeで楽器やめてみんなで歌う」っていうボブのいきなり指示に、

すげーな!本番でまで演出かえて来るのか!と面食らったけど、もう何でもアリかぁ。

ここで休憩。

休憩あけの時間になっても、ボーカリストの衣装とメイクが押していて、

ここで突然のボブのショータイム!

会場の中からお誕生日の人を探し出して、「ハッピーバースデー」の歌をプレゼント!

でも、誕生日の方はなかなかいらっしゃらず…

無理やり直近の人を探し出して、いきなりの「ハッピーバースデー」。

ボブから、

「Fで」

と言われていたのに、

私がFだと思って弾き始めた「ハッピーバースデー」…

一番最初の和音をジャーン、とやった時点で、

「アレレ?」

なんか変だ…


と気づいたものの、

弾いていくうちに、



あ、

これFじゃねぇ…Cだ…




も、ものすごーく汗が出ましたよ…

そして…全然動じずに歌ってくれてるボブ…

もっ

申し訳ない!!!!アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!





いきなり演出に対応できない子です…(泣)

で、ひとり愕然としている中で第二部がスタート!

「闘牛士のマンボ」をベースに作詞して歌う「航海士のマンボ」…。

T船長が、サックスソロで登場するところから始まり…

「ラテンはやったもん勝ちですよ!僕も完全燃焼します!!」とメールで言ってくれた

T本さん。

ここからはもうやるっきゃないでしょ!と気持ちを切り替え…

「ハリケーン・ドロシー」はリハの時からなんだか上手くいっていて、あの曲のユル~い

感じが出せて良かったかな。

コーラス3人娘(命名してたけど、なんだっけ?)もかなりいい感じ!!!

「1ダースの言い訳」、はピアノで。

「君は薔薇より美しい」は、カウベルをYっちさんのコンガに合わせて。

そして、いよいよエルヴィスK川の登場…

ご本人には見えてないだろうけどすっげぇメイクなので、見ているこっちはつい吹き出して

しまいます(スイマセン)!

年代物のシンセが活躍する、ヴァン・ヘイレンの「JUMP」…

ぶちかまそう!と思ったのですが、あんまりぶちかましすぎて失敗するのも笑えないので、

かなり慎重に。でもノリはつぶさず。

でも、「JUMP!」と歌うところで、エルヴィスとギターのI田さんがジャンプしていて、

いーなー!私もジャンプしてぇ!!!

と思ったあたりで、かなり楽しくなってきました~(笑)

「明日に架ける橋」

ピアノの伴奏オンリーから歌い出しなのでちょっと緊張しました…前奏はちょっと音が細く

なっちゃったけど、「どーん」と響くところは外さなかったので、まあいっか。

「フォルティッシモ」

とにかくこれのイントロのリズムがショボくなるのだけがイヤで…

いちばん「これだけはキメないと」と思った曲かも(汗)

去年見たのと同じ演出で、まさか自分が出演者側で「愛ーがーすべーてさぁー」と

歌うことになろうとは…。

サプライズの「ラブ・ミー・テンダー」

12月にご結婚される団長と、Fみんさんへのサプライズで、「ラブミーテンダー」。

歌詞カードを渡して無理やりエルヴィスに歌わせる演出だったけど、

私、聞いてなかったよ…私にとってもサプライズだったよ…(泣)

「ソーラン節」

これもまたド緊張のソロ回し。…でもハジけるしかないでしょ!とテンションを上げて。

で、人生初のピアノソロですが。

うーん、出来は6割かなぁ。もうちょっと弾けたかったなぁ。

まあ止まらず、空中分解せず、「?」な感じにもならなかっただけ良かったのかも…

ピアノのソロに続いて、それぞれ披露されたソロがこれまた皆さんカッコイイ…

自分のソロはホントに緊張してドキドキだけど、ソロ回しはやっぱりカッコいいなぁ。

ソーラン節や八木節、いろんな民謡っぽいフレーズがファンキーなアレンジで面白い。

いやー、楽しかった。

最後のアンコール、「あこがれの地へ」。

ピアノを耳コピしたけど、全力で弾くと相当疲れ、爪が指先からちょっと剥がれる曲。

グリッサンドも下から上から、真面目にやると指の皮がむけるので、

洋服の袖を引っ張ってそれでやってみたり。

コーラスたくさんで歌うこの曲は、なんというか…まさに「狩野チャレ」なイメージの曲。

そして、ミラーボールがまわり…

いつもの「ワット ア ワンダフル ワールド」が流れて終演。

みんなで手をつなぎ、ごあいさつ!

来てくれた方々とちょっとお話したかったけど、…パーカッションの片づけはハンパないので、

さっそく撤収作業にとりかかる。

旦那君はだまってピースサインして帰っていった(…)

打ち上げが始まったのが、22時半過ぎだったかな…。

みなさん全員とグラスを合わせてごったがえしての乾杯!!

ボブ先生も翌日の午前中を休講にして、打ち上げに参戦してくれた♪

ちゃんとありがとうございました、って挨拶したかったから、本当に嬉しかったぁ~。

疲れすぎて眠りこける人々が続出、お店を後にしたのが午前3時過ぎ…

家に帰って、お風呂に浸かって一息ついて、

お布団に入ったのは明け方5時…

いやー、長い一日だった!

いろいろやらかしちゃったけど、穴があったら入りたいこともたくさんあったけど!

でも楽しかった!

定演とは違う楽しさがあって、…ピアノを弾いていて楽しい、と久しぶりに感じました…

聴いていて楽しい、と思ってもらえるまで、

「伝説のチャレンジャーズ」ってことなんだろうな~(笑)。

また次の定演まで、基礎を頑張ろう…!

2011年11月19日 (土)

狩野チャレ本番直前練習

本番を明日に控え、ボブ大先生を交えての直前練習…

今日は午後1時から、コミュニティながいずみ。

朝からずーっと雨が降っていて、気が重い。

午前中のレッスンをこなして、あわただしく準備して出発。

12時半くらいには到着して、ひたすら楽器の運搬。

今日の練習場である会議室は、ちょっと手狭だっただめにぎゅうぎゅう。

まあ、でも本番の舞台もこれくらいの密度になるだろうから、ちょうどいいのかな。

本当にボブの持参する楽器の数にはびっくりする。もういろんな種類の楽器が本当にたくさん。

これだけの数をコツコツ揃えるって、本当に相当大変な時間とお金がかかってるんだろうなぁ。

それだけでも凄すぎる。

前回の集中練習の時に配られていた、ボブアレンジの「ソーラン節」の、最終稿が配られる。

いやー、本番前日で対応できるかなぁ~と思っておそるおそる見たら、そんなに変わってない。

ホッとしたのもつかの間、

「この曲でソロ回しやるから。ピアノのソロ16小節、いける?」…


ピアノソロ??


( ゚д゚)



あのアドリブっぽい感じで弾く、「腕のみせどころ」的なアレでございますよね?

生まれてこの方、そういうことをやったことがないんでございますけれども…

私にできるのか??

しかも本番明日!

もう練習そっちのけで、慌てて考えはじめましたよソロ部分…(泣)

えーん。もっと早く言ってくれー(号泣)


練習は、主に前回できなかった曲と歌謡ショーの曲を中心に練習。

曲の終わり方とか、ボーカルとの合わせとか、細かい部分を調整して確認する作業。

「君は薔薇より美しい」はカウベルを担当することに。

「スパニッシュフィーバー」は、「簡単カンタンだから~」と言われて、ドラムセット…(涙)

とにかくボブとのツインドラムなので、ボブ先生のお邪魔になるようなことのないよう、

細心の注意を払いましょう…


シンセとかピアノも、個人的に確認しときたかった部分をチェック。

とにかく、ピアノソロ考えないと…心配だわ…。


時はあっという間に過ぎ、20時半。

楽器の片づけを大急ぎでこなし、コミュニティながいずみの前で明日の打ち合わせ。

そんなこんなで、お腹も空いて22時近くになった…。

まだ雨の降る中をへろへろになりながら実家へ。

こんな時、実家にサイレントピアノがあって良かったなぁと思う…。

まっさらな五線譜に16小節ぶん、

何度も弾きながら考え、で、忘れないうちにメモし…、

とりあえずベースラインを小さめの音で弾いてレコーダーで録音し、

ソロをのっけて弾いておかしくないか確認。

考えがまとまるまで、唸りながら1時間ほど…

それから楽譜見ないでバリバリ弾けるまで、30分ほど…

「明日に架ける橋」も、伴奏ソロみたいなもんだから、そっちもちょっとさらっとく。

で、25時近く。

いやー、かったるいなぁ。と思いつつも、

今度はアパートに帰って明日着る洋服を物色。

旦那がネクタイ貸してくれるというので、定演の時のブラウス着ちゃおう。

で、スーツのパンツだと動きづらいので、ブラックジーンズにスニーカーで許してもらおう。

ヒールのある靴でバスドラなんて踏めん…。


いかん、寝ないと…。

明日(もう今日か?)のゲネプロ兼最終練習は、9時から静浦。

8時には家を出ないと間に合わない。

どんな明日になるんだろう…とりあえず、雨はあがって欲しいなぁ。

頑張るぞ!

2011年11月18日 (金)

弦楽アンサンブル打ち上げ

弦楽アンサンブルの打ち上げにご招待いただき、

しかも、「昼の部」と「夜の部」があるそうで…

「昼の部」に参加してきました!

以前、友達と飲みに行ったことのあるお店、

じょんのび。

Johnnobi

超豪華ランチ。これにデザートもついて1500円。


大きなお盆いっぱいのおかず。

年齢層も性別もごっちゃなメンバーでしたが、

それぞれいろんな話題で大盛り上がり!


あっという間に閉店時間になりました…

やっぱり、一緒にご飯を食べると親密さが増すなぁ。

こんな人だったんだな!とか、もっとお話ししてみたいな!とか…

また来年、アンサンブルでお会いできるのが楽しみになりました!



2011年11月17日 (木)

ものすごく楽しみ!!!!

待ってました!!!!

もう何年も!!!!!

ついにやってくれましたディズニー!!!!





オリエンタルランドは2013年春、

東京ディズニーランドに新アトラクション

「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」をオープンする。

同施設は、「トゥモローランド」内のアトラクション「スター・ツアーズ」を全面リニューアルして

オープンされる。1989年に導入された「スター・ツアーズ」は、

映像に連動して動くライドシステムにより、映画「スター・ウォーズ」のスリル溢れる宇宙旅行

を体験できるアトラクション。

新施設では、シーンごとに用意された複数のシナリオがランダムに選択される

システムの導入により、常に50通り以上の組み合わせでストーリーが展開される。

「ゲストは体験する度に予測不能なスリルを味わうことができます」(同社)としている。

さらには、「新たに映像も3Dとなり、

映画『スター・ウォーズ』シリーズの世界をこれまで以上の迫力と臨場感の中で

お楽しみいただくことができます」。




大好きなアトラクションだったので、

なんとか人気が復活しないかなぁ~と考えていたのです。

「エピソード1」が公開された時から、

リニューアルすればいいのに!!!とずっと思っていました~!!!!




3Dとランダムなストーリー展開、凄すぎる!ものすごく楽しみ!!!!




でも、おなじみのこの人(?)はリニューアルしても残っていてほしい…



Ackbar アクバー提督。




イカタコ系なのに、なぜこんなに凛々しいんだ…提督…。
















2011年11月16日 (水)

レッスン29回め

レッスンの前に弦楽アンサンブルの時に撮っていただいた集合写真をもらった!

ひとりだけ半袖…。

いくら舞台とはいえ、秋~冬はやっぱり長袖だよなー(汗)

さて、今日のレッスン。

調弦、

カイザー1巻、3番。

先週はデタシェを見ていただいたので、今週はバリエーションの5、6、7番。

5番と6番はスラー。

どうも5番を弾く時に弓が他の弦に触ってしまい、雑音だらけ。

なんだか違和感を抱えたまま弾き終え…。

先生に、「なんか毛の張り方がゆるくない?」と指摘されて、うーん?そうかな?と思いながら

少しきつめに張って弾いたら、問題なくスムーズに弾けた!

あれ、そんなに張ってなかったかなぁ…。

6番も問題なし。

7番は、先週言われた「指弓」を使って、スタッカートをUP-UPで弾く。

できるだけ指先をやわらかく、バネを使うようにして弾くけれども、まだ頭で考えながら

弾いているので、1ページ半あるうちの途中で集中が途切れそうになる(汗)。

なんとか弾ききったあとで、先生に

「どうして右手の中指だけが浮いてきちゃうんだろう…浮かないようにね」

今は中弓で弾いているからあまり影響はないが、元弓で弾いたりするとバランスが

崩れてしまったりするのだそう。

うう。ヘンな力が入っちゃってるのかな…気をつけないと。


次回はバリエーション8番、9番。シンコペーションと3:1の弓づかい。

それにしても、1ページ半の練習曲を3つのバリエーションで全部弾くと、やっぱり

ちょっと疲れるな…。

きっと無駄な力がいろんなところに入りすぎてる。リラックスするところはしないと。

篠崎2巻。

G-durのスケール、

G-durの練習曲シューマンの「楽しい農夫」。

先週、1stで言われたとおりに「力強く」弾けるように。太い音を出しながらもヴィブラートが

持続できるように目指して弾いてみる。

1stを弾いていると、先生がピアノで簡単な伴奏をつけてくださった。うーん、楽しい♪

なんか、映画のワンシーンであるような、

農民が収穫祭かなんかで、バイオリンとか弾いてる人とか、タイコとか、歌とか、

それで踊ってる農民たち~みたいな感じなんだろうな、と思った。

2ndも「どっしり支える」がテーマで、ヴィブラートも腕からかける感じかな?と試行錯誤

してみた。

先生との二重奏は、ちょっと荒くなっちゃったけど…農民ぽさは出せたかな。

次回はe-moll。少し先までさらってあるので、ここは引き続き練習をしとこう。

強弱のいい練習になりそう。


ホーマンの4巻。

3rdポジの練習だけど、練習では問題なかったのに、先生のところで弾いたらずいぶんと

ひどかった(泣)

…なんでだろう…。

いちばん遠いG線を弾く時に、肘の位置があまり良くないのか、G線を指先で引き寄せて

しまうらしい。

そうすると、いい音ではなくなってしまう…ということかな。

音程もあまり良くない。

もうちょっと、肘の位置とか、響きとか、研究しないとダメかな…。

いくつかある練習曲の最後にある二重奏の練習もしておくように、と言われた。

この二重奏、とにかく長い!

繰り返しも含めると、たぶん見開きで丸々2ページはあるだろう…

コツコツ譜読みはしていたけど、なかなか手ごわい。

頑張らなくっちゃ。たぶん、1stのみならず、2ndもやることになるだろうし…。




来週は祝日でレッスンお休み。

2週間あるので、じっくり取り組んでおこうっと。



2011年11月15日 (火)

寒くなってきた

11月も半ばだというのに、かなり暖かいな~と思っていたのですが、

ここ数日でぐっと冷え込んできました~


富士山にもやっと雪が。


いつの間にか冬の星座がきれいに見える季節に。

月の光も冴えてます。



鍋やミカンが美味しい季節の到来ですね~。

そして、

ぬくぬくの「おふとん」や「おこた」から、ますます出にくくなる季節…

今年はモコモコの靴下とか買ってみようかな…



我が家は、「脱・原発」どころでなく、「脱・おこた」が課題なのです…




2011年11月14日 (月)

「生ラムネ」…

生キャラメル、生チョコレートなどで「生」がつくとヒットするお菓子たち。

で、発売当初から買ってみようとは思っていた

「生ラムネ」


をたまたまコンビニで見つけて、買ってみました…




Namaramu





うーん。

1個食べてみたら、おぉ。まさに、生っぽいラムネ味…

ちょっとサクッという食感があって、そのあとむにょ~という感じです。

凍らせたり、冷やして食べたりするとまた食感が変わるらしい。

そして、「ラッキーハートが入っているかも!?」と書いてあり、

食べ続けていたら、ひとつだけ入ってました!ピンクのハート型。

すげぇな!ラッキーだ!と思ったけど、調べてみると結構な確率で入っているらしい。

しかも、3つくらい入っている場合もあるらしい…なーんだ。

調子にのって食べ続けていたら。

き、気持ち悪…



で、それ以来、なんか買って食べる気になれません。


なんだかなぁ。

2011年11月13日 (日)

四十九日法要

今日は旦那のおじいちゃんの四十九日法要。

…なのに、どうも昨日の夜から旦那の様子がおかしい。

昨日の夜は、旦那は職場の仲間とバーベキューに行って、

夜遅くに帰ってきた…らしい(待ちきれずに先に寝ていた私…)

夜中に、ものすごい酒臭くて目が覚め…

うっすら意識の中で、

旦那がものすごく吐いていた

ような気がするなあと思っていた。

ちょっとぎょっとするくらい、何度も吐いていた旦那…



翌朝話を聞くと、



何か生っぽいサザエを食べた


のがいけなかったらしく、


サザエにあたっていたらしいことが判明


酒にのまれるからだよ!!自業自得だ!とか心の中で思いながら、

まるで介抱しなかったワタクシ…


ごめんよ旦那。でも貝はちゃんと焼いて食えよ…。ただでさえ胃腸が弱いんだからさ…



とにかく旦那の顔は紙のように真っ白。

最悪な体調で旦那の実家に向かう。

とにかく出ばなをくじかれたので、数珠を忘れるわ黒いバッグを忘れるわで大失態…

遺影や位牌などをもって菩提寺に向かい、

お寺で四十九日の法要をしてもらう。

たいへん立派なお寺だ。

日差しがあるとあたたかいけど、日陰に入るととたんに風が冷たくて冷える。

旦那は法要が始まるまでクルマの中で横になっていた。…ヤバイですな…


お経は30分ほどで終わり、親戚のみなさんにはマイクロバスに乗ってもらって、

私たちは自分で「ひょうたん寿司」へ。

この日は他の法要や、七五三のお祝いの席などで予約はいっぱい。

地元のお寿司屋さんで、法事のお料理もまあまあと評判の「ひょうたん寿司」…

その料理にサザエがついてきたのは、旦那にとっては「うぷ」という感じで。

旦那は茶碗蒸しだけ食べて、またクルマに戻って仮眠。

もうホントにグダグダだ…


お寿司やお刺身、ナマモノが多かったけど、わりと新鮮で、ナマモノちょっと苦手な

私でも美味しくいただけました。


宴もたけなわという頃になって、少し顔色の戻ってきた旦那。

親戚のみなさんにはお酒、どらやき、焼き海苔などの手土産を持って帰ってもらい。

ここで解散。

家族+遺族は午後からお念仏があるので、私たちは一度旦那の実家に戻る。

おばあちゃんご所望のアイスをみんなで食べ…、

お念仏のおばあさんたちに渡すお土産の缶詰や菓子を詰めたり、

果物をむいたりして時間を過ごす。


旦那はだいぶ回復。


一度家に帰っていた遺族も集まり、最後のお念仏。


何度もお念仏やってもらったけど、これで最後かぁ…。

お念仏も無事終わり、簡単に片づけて、みんなで「ラーメン食べにいかない?」

ということになり…、

旦那の胃袋も完全復活を遂げ…。

珍しくおばあちゃんも一緒で、さんざん迷ったあと、沼津の「餃子の王将」に行った。

みんなでたくさん食べたなぁ…


お腹いっぱいになり、ここで私たちも解散。


ごちそうさまでした&お疲れさまでした!






2011年11月12日 (土)

狩野チャレ練習に行ってきた♪

本番まであと一週間!


…しかないんだ~、という感じで練習開始です。

今日はシンセというよりはピアノを使って、主に歌謡ショー?のほうを練習。

楽譜は出来たけど、弾く練習までちょっとまわらなくて「生煮え」な伴奏で合わせてもらった、

「明日に架ける橋」とか…

残り一週間でモノにしますんであと少々お待ちください…(泣)

とにかく歌とオケを合わせる作業に終始しました~


「東急」から「リバーサイド」に変わって、ホテルの仕事が激務となっているまいちゃんは、

今日も練習に参加できず…(泣)

歌モノの楽譜とCD音源を届けることに。

とりあえず練習後はお腹が空いたので、みなさんと夕食。

…が、楽器の件で打ち合わせになったり、歌詞確認したり、といろいろだったため、

皆さんより先に店を出たはずが、もう12時をまわろうとしていた…(汗)

まいちゃんにひたすら謝りつつ、お家まで楽譜を届ける…。


あと一週間、来週の土曜はボブとの最終リハ。

集中練習から1か月が経ったけど、あの時よりは少しは使い物になれてるんだろうか…

うーん。

不安なような、でもちょっとワクワクなような。

いや、やっぱ不安が大きいかな(汗)



そして、明日は旦那のおじいちゃん、四十九日。

実家に喪服を置きっぱなしにしていたので、これまた夜中だけど失礼して、

喪服を取りに行く。




職場の仲間とバーベキューをしていた旦那くんの帰りが遅い。

私より遅くて一安心(汗)

明日も早いので、ひと足先に寝ることにする。



2011年11月11日 (金)

11年11月11日

ものすごい横並び!!

日付で数字の「1」が6ケタ以上並ぶ日は、

100年後の2111年11月11日までありません。


つまりは、1がこれだけ横並びに並ぶ日は、

この人生でもうこれが最後ってことかな?



なんかすごいなあ。

そう思って、その瞬間、何をしよう???と思っていたのに、

結局、


うたた寝



をしていてその瞬間を逃しました(爆)

でも、記念に、ブログの記事は11時11分を指定してアップ。



毎日が貴重な日々ってことで…

私ってそんなもんだよな!!(笑)













2011年11月10日 (木)

耳コピ中…

耳コピを順調にこなしております。

久しぶりに「聴音」(流れている音楽を聴いて、それを楽譜にする)をしたなぁ。

この「聴音」は、音楽大学の入試科目。

小学生のころから高校生に混じって「聴音」のクラスを受けてました…

始めの8小節は私向けにカンタンなんだけど、

その後から受験生向けになってものすごく難しい…。

いつも、その先が聴き取れるようになりたくてくやしかったなぁ。

高校生になったら、最後までバッチリ、書き取れるようになってました。

あの頃の私はたぶん、凄かったと思う(笑)

でも、今は耳も衰えてしまったので…

何度も何度も聴き返しては、ちまちまと書いております。

ぐずぐずと書いては消し、また書いて、五線譜がエンピツで真っ黒になるのを見るのは、

なんだか懐かしくて、ちょっと不思議な気持ちになりますな…。


ほぼ楽譜は出来上がったので、

今度は楽譜作成ソフトを使って楽譜を清書していきます。

作った楽譜はソフトが弾いてみてくれるので、間違いのチェックにもなるし、便利ですね。


で、楽譜はできたんだけど、

弾く練習をしてないので…


屈辱的なことに、自分が作った楽譜が自分で弾けない、という事態になりそうです(涙)


うおー。がんばるぞぉ~。






2011年11月 9日 (水)

レッスン28回め

弦楽アンサンブル本番を終えてから、はじめてのレッスン。

今日は、とっても寒くなった…。

厚着をしてレッスンに向かう。

さっそく、弦楽アンサンブルのDVDをいただいた!!

うう~、見るのが怖い~~(泣)けど、見たい気もする…。

さて、今日も弓の体操はなし。

レッスンの前に家でやってるから別に問題ないけど、先生忘れてるだけなのかな??

次もなかったら聞いてみよう。

調弦。

カイザー1巻、2番。

スローテンポな曲で、「できるだけヴィブラートを使うように」ということだったので、

頑張ってはみたけど、もともと弾きにくい曲でもあるので苦戦。

それでも、先生は

「そこまで弾けてるなら、今度はディナーミクを意識して。

クレッシェンドの場合は、弓の圧力とヴィブラートの速度を調整すること」。

とアドバイスをくださり、

ヴィブラートはクレッシェンドするにしたがって、細かく→大きくに変化する弾き方を

実際に見せてくださった。

うー、これできるようになりたいんだよなぁ~!

できるだけ真似してやってみたけど…まだ振幅が小さくて音に影響できてない感じ。

他の曲とかでも応用できるようにやってみよう!

ヴィブラートは、まだ意思をもって自由にかけられてない印象…。

もうちょっとコントロールできるといいんだけどな。

カイザーは3番のデタシェも見ていただいた。

八分音符と十六分音符の長さを、弓の割合で違いがわかるように弾くこと。

いっしょうけんめい弾いちゃうと、どうしても他の弦にさわってしまったり、

音が外れたりしがち。

特に他の弦に触っちゃうのを何とかしたいんだけどなぁ~。雑音がたくさん。

とにかくゆっくりの練習をしなきゃダメかな。

それから、「指弓」のこともちょっと教えていただいた。

弾いている時、

弓を持つ指の形がいつも同じで固まってしまっている。

弓を先弓や元弓に動かしていくと、それに連動するかたちで指が柔軟に動いていくのが理想。

…ということで、弓を弦の上に置いた状態で、指を曲げ伸ばし、

しゃくとり虫のように「うにゃっ うにゃっ」と動かしてみる。

指のバネがサスペンションのような働きをして、もっと柔軟な音が出せたり、

弓をもっと自由にコントロールできたりする。

これは、新しい課題だ~!

今まで、カイザーの長い練習曲を弾いていると、(そして難しいバリエーションだと特に)、

どうしても身体が固くなってしまって指先も力が入ってしまっていたんだと思う。

指先まで柔軟に。

意識して練習しとこう!!

次回は、

バリエーションの5、6、7番。

特に7番は、「指弓」を使ってのスタッカートスラーがあるので、これで練習できる♪

次は篠崎の2巻。

G-durのスケール。

練習曲はブラームスのワルツ、今週は2nd。

先週とっても楽しかったので、今週もうまく弾けるといいなぁ~と思いつつ、2ndを弾く。

もうちょっとヴィブラートかかっても良かったかな。

今週は「曲の盛りあがりで1stに半音の響きをぶつける」ことが課題。

しっかりとした音で、1stと張り合わないと、「え?不協和音?」といった印象になってしまうので、

そこだけは音程を外せない。…んだけど、D線で小指をのばしてFの音をとるのって、

しんどい~!さらにヴィブラートをたっぷりかけたいけど、そうするとしんどさが増す…。

さて、先生との二重奏。

なんとかうまく弾けたかな…。先週ほどの鳥肌はなかったけど、でも心地よかった。

続いて練習曲はもう一曲、シューマンの「楽しい農夫」。1stを弾いてみる。

ワルツの余韻のままに、たらら~と弾いていたら、

「この曲は農夫ですから、もうちょっと無骨にいきましょう!」とのこと。

付点四分音符が減衰するので、確かに弱い印象がある。

フォルテで、強い音を持続させること。

そして、2ndにいたってはもっとしっかりと弾いて、1stを支えること。

しっかりとした音に強いヴィブラートをかける。これも私の課題だ…。

強い音、と意識すると、ヴィブラートをかける手にまで力が入ってしまい、

そうするとうまくヴィブラートがかからなくなってしまう。

右手と左手のバランスが難しい…。

ためしに先生が弾いてみてくださったところ、

見事に「ワルツ」が「農民」に早変わり…。

凄いなあ。情景があっという間に変わったな~…。

曲ごとにいろんな表情をもたせて弾けるようになったら楽しいよな~。

できるだけ無骨な感じが出るよう、練習してみよう~!


さて、本来はホーマンの4巻、3rdポジも見ていただくはずだけど、

とりあえず今日はここまで。

練習してはいたけど、あんまり自信がなかったので正直ホッ。

ホーマンの練習曲は二重奏だけど、こちらは3rdポジも入って難易度がかなり高い。

さらに、長い。

3ページもある…。

コツコツ練習していこう。

弦楽アンサンブルで思ったけど、

やっぱりちゃんと正確な音程で弾けるようになりたい!!!

そのためには、基礎的な練習が大切なんだろうな~。

自在なヴィブラートも理想。

…ということで、今後の練習メニューは、

篠崎2巻 右手弓・左手指の練習

カイザー

ヴィブラートでスケール

篠崎2巻 練習曲

篠崎3巻 3rdポジのスケール、シフティング、ハーモニクス

ホーマン4巻 3rdポジ練習曲


という流れでいってみようと思います。

頑張るぞ~!

2011年11月 8日 (火)

芝町カフェに行ってきた♪

以前、行ってみようということになり、

三島駅にクルマをとめてさんざん歩き回って見つけた「芝町(しばちょう)カフェ」、

臨時休業でガックリしたのですが、

今日、母上と行ってきました~!




Shibachocafe



隠れ家のような小さなお店。


定年を迎えたご夫婦が、自宅のリビングを改装して始めたそうなカフェです。



Shibacho



メニューはいたってシンプル。

お食事なら、「トースト」か、「カレー」しかありません。

お昼に伺ったので、迷わず「カレー」のセットを注文。

カレーと、デザートと、ドリンクがついて1300円。

カレーは、週の初めはタイカレー、週のおわりはインドカレーだそうで、

今日はココナッツの入ったタイカレー。


このカレーが本当に美味しかった。

デザートは、


母上は「抹茶シフォン」とコーヒー、

ワタクシは「ココナッツショコラ」と紅茶。



と、オーダーしたのですが、

食後のケーキはなぜか、抹茶シフォンがふたつ。

あれっ。

と思ったのですが、カレーにもココナッツ入っていたし、ケーキもココナッツだったし、

抹茶でもいっか。

と食べようとして、ふと、

もしかして、これ他のお客さんの分だったら悪いよな…

順番間違えて持ってきちゃったとか…


と思い、ちょうどコーヒーと紅茶を持ってきてくださった奥さんに、

「私、ケーキはココナッツショコラを頼んだような気がするんですが…」と言ってみたら、

「あ、そうでしたか!申し訳ありません!すぐにご用意いたしますので!!!」と

たいへん慌てた様子だったので、

「あ、いえ、このままいただきます!せっかく美味しそうですし!!!」と思わず

叫んでしまったのでした…

で、奥さんはたいへん申し訳なさそうにしてましたが、私が抹茶シフォンで満足しそう

だったので(笑)カウンターに引っこみ、

オーダーを確認して、

「あっ、ココナッツショコラってちゃんと書いてある~」とガックリ。

そしてコーヒーを淹れる旦那さんに、

「ケーキ間違えちゃったんだけど…いいですよって。許してくれた~」と。

その様子が小さなお店なので、丸聞こえなんですが…


なんともおっちょこちょいな感じの奥さんが、どうも憎めず…(笑)


お店と切り盛りするご夫婦の雰囲気が、ほっこり暖かいからか、

まったく気になりませんでした~。

すると、その話を聞いていたマスターの旦那さん、何やらボソボソと奥さんに話を。

で、しばらくしたら、

「これ、少しですがお味見してみてください~」

と、奥さんがふたつに切り分けたココナッツショコラを持ってきてくれました!

うわー、ありがとうございます!!


というわけで、結局ケーキ1個半、食べてお腹もいっぱい。



以前、三島の「風土」というお店にランチに行って。

そこそこ美味しかったし、お店の雰囲気も和風で活気があって良かったんだけど…

食事を終えたら、お店のおねいさんが、

「これ、予約のお客様に特典のスイーツです」

と、私たちの前に置いてくれました。

でも、私たちは予約して来たわけではなかったので…

「あ、でも私たち予約はしなかったんですけど…」と正直に話したら、

おねいさん、

「あ、そうだったんですか」

と言って、スイーツを私たちから取り返して引っこんでいきました



勝手に間違えて持ってきて目の前にまで置いたくせに…


それをまた持って帰るなんて…


もし、

「あ、申し訳ありません…こちらの間違いですね」。

「でも、こちらのスイーツはどうぞ召し上がってください。予約していただくと、このような

スイーツがついてくるんですよ~」

などと言ってもらえたら、

私たちは間違いなくそのお店に何度か通っただろうし、

お友達にも紹介したり、連れて行ったりしたかもしれませんが。

そんなことがあってから二度とそのお店には行ってません(汗)



別に絶対、スイーツが食べたいとか、

スイーツの恨みは怖いぞとか、

言いたいわけではないのですが、



お店の心意気を感じるか、そうでないか、っていうことで、

お客さんは変わってくる、のではないかなと…。



そんなことがあって、「芝町カフェ」のご夫婦の人柄は、

私たちにはとても魅力的に感じられ…。

また通いたい、と思うお店のひとつになりました。

そしてできれば、あまり有名になってほしくない穴場でもあるなぁ…

ひとりでゆっくり、お茶を飲みたくなるようなお店です。












2011年11月 7日 (月)

音源をもらった&耳コピー

さて、弦楽アンサンブルの本番が終われば、次はラテンの本番が待っている~!



今日は、ラテン歌謡部門のデモCDが出来上がったそうで、

仕事帰りの団長と落ち合ってCDを受け取りました…


なんだかミッションがあるらしく、

…「明日に架ける橋」の吹奏楽譜の冒頭部分を削り…、

エルビスの歌ってる「明日に架ける橋」のピアノ伴奏でスタートするとか。

うおー。ピアノオンリーですか~!

緊張要素が…

まあでも、元々「明日に架ける橋」はピアノ伴奏のみで始まる曲で、S&Gのバージョンを

耳コピーして吹奏楽と合わせて弾こう、と考えていたので、

ミッションはほぼ想定内…

弾くのが私だけになったっていうだけで…(汗)


さて、そんなわけで、

あと2週間もありませんが、宿題がまた増えましたよ!!!

最後の練習で伴奏を合わせなきゃいけないことを考えると、耳コピにとれる期間は

今週一週間のみ!!!



今のところ、ピアノ用の楽譜がなくて耳コピしようと思っているのは

「あこがれの地へ」(現在進捗状況30%…)

「フォルテシモ」

「we are the champions」

「1ダースの言い訳」

「明日に架ける橋」

あたりですか…




うおー、私ってば大丈夫!!!???



イヤホントに、弦楽の本番終わってて良かったわ…










2011年11月 6日 (日)

市民芸術祭(音楽の部)

毎年、市が開催している「市民芸術祭」。

音楽の部や舞踊の部、書道、絵画、手芸、華道、囲碁、将棋、などなど

文化系の活動をしている団体の発表の場でもあります。

今回私が参加する弦楽アンサンブル「ラ・コルダ」は、

市民芸術祭が、まだ「芸能発表会」という名前だった頃から参加しているそう。

「音楽の部」は、合唱団が圧倒的に多く…、

弦楽アンサンブルは「毛色の変わった」感じで重宝がられていたようだけど、

最近は「ハーモニカ」「オカリナ」「アルパ(ハープ)」「ギター」「マンドリン」「ゴスペル」

などなど、いろんな楽器や合唱もジャンルが増えてきて、

弦楽アンサンブルもさして珍しくなくなりました(汗)。

こういう発表会は、とにかく出演者側が楽しく演奏できればそれで大成功なので、

演奏レベルの高さを求められることもなく、気楽でいいはず…なのですが、

やはり人前で弾くとなれば緊張もするもの。

さて、ヴァイオリン初舞台ですが、どうなることやら…



「市民芸術祭」の開演は午後1時で、弦楽アンサンブルの出番は午後3時過ぎの予定。

でも午前中が通しリハなので、集合時間は10時。

朝からあいにくの雨~!


ヴァイオリンの本番が初めてなので、衣装をどうするのか、とか楽器はどうするのか、

とかいろんなことが未知数で、

かなり気を揉みました…

皆さんが着替えるとなればスペースが足りないような気もするし、リハから本番までに

時間が空いてるから、着替えるチャンスがなくもない気もする…、

昼食もあるから一回家に帰ってもいいけど、文化センターの駐車場は飽和状態だから、

クルマは止めっぱなしがいいし…、などなど。

結局、衣装はシフォンの半袖と、黒のパンツで用意し、

もし皆さんが黒のロングスカートばっかりだったら、大学の時に作ったロングスカート

穿こうと思ってそれも一応クルマでスタンバイ。靴もストッキングも数種類。

(今思えばいろいろ考えすぎだったけど、その時はやっぱり分からなかったからな…)

そして、自宅から衣装を着ていったけど、もし皆さんがバリバリに普通の服だったら

ちょっと気合入りすぎの人みたいなんで、黒のパーカーを上から羽織って。

昨日の夜にコンビニで買った昼食のおにぎりやパン、

楽譜、譜面台…楽器、チューナー、などなど抱えて楽屋入り。


他にもいろんな参加団体があるので、楽屋も譲り合って使う感じに。

ひとつの楽屋を、弦楽ジュニアと一緒に使うとさすがにごった返して狭い…。

10時半になり。

ステージリハに出る。主に、椅子の配置とか譜面台の配置を確認。

弾いてみると、出した音がすっと吸い込まれていって、ふわんと反響するような…

不思議な感覚。

つっても、うわーここで弾くんだ、うわーうわー、みたいな感じでけっこう緊張ぎみ。

プルトの席は、客席からの見えやすさよりも、自分たちがコンマスを見やすい位置に

設定し、若干舞台の奥側に。

さて、曲の全部を通す時間はないけど、曲のサワリをそれぞれ合わせてみると…

「江」のテーマ、「忘れられた夢」はともかく、バッハが加速してとんでもない速さに!



こ、これじゃぁ弾けないよぉぉお!



アンサンブルだと、本当に緊張が伝播すれば崩壊することもあるんだろうな…

と、ちょっとうすら恐ろしくなったり…。

さて、曲のあとは、全員合唱の「もみじ」の伴奏。

本番での指揮者がリハに来なかったので、先生が指揮をする「レア」な状況に。

ピアノ伴奏が入り、指揮者も入るし、何よりとーってもカンタンなので、気楽に弾ける。

きっと私の今の「人前で弾くレベル」は、このあたりなんだろうなーとか考えながら

リラックスして弾けました~(苦笑)

ピアノの正確な音程が、今の私にはガイドになって助かる。押せば正しい音程って、

ホント恵まれてるわ…。


ステージ上でのリハはほんの10分ほどで、そのあとはリハーサル室でもう一度

アンサンブルのおさらい。


バッハの速度をもう一度確認して、心を落ち着けた状態で「もう一度通し」。

この作業があると、本当にパニックがおさまるような気がする。

練習の後にもみじの指揮者が来て、伴奏のリハをもう一度。


あとは本番を待つのみ!



お昼を済ませ、Jrのコンマス「こうちゃん」と久しぶりに話したり、

楽器を見せ合ったり、教則本の話をしたり、オケの話をしたりでちょっと盛り上がる。

お互い練習の合間に挨拶くらいはしていたけど、ゆっくり話せなかったので楽しかった♪

見せてくれた鈴木の9巻のコンチェルトは、カデンツァが超絶に難しそうだったな…(汗)


本番30分くらい前から、皆さん真剣な表情で個人練習に打ち込み始め…、

私も最後の足掻きをしてみたり。


時間になり、楽屋に入って先に演奏しているJrのアンサンブルを聞く。

うーん、やっぱり「青少年の為の管弦楽入門」、いいなぁ~。

「コクリコ坂」も良かったし、「マルマルモリモリ」も、子どもらしさが出ていて元気いっぱい。

何より、子どもがちっちゃいヴァイオリンを無心に弾いてる姿がカワイイ!


で、大人のアンサンブル「ラ・コルダ」の出番です。

先生の見やすい位置に椅子をセッティングしたけど、

一曲目のタイミングをうまくつかめず…。

「江~姫たちの戦国」の冒頭、数小節落ちてしまった…(涙)

で、パニック…。うわー、どうしよう?どっから入れるかな!?みたいな感じに。

あまりにも混乱しすぎたため、

しまいには、


えーっと。


と、若干のんびりした気分にもなってしまい…。


数小節後に、やっと復帰。

でもそのあとは、なんだかもう吹っ切れてしまい。

あー、弾けるじゃん…。大丈夫大丈夫…

と自分でマインドコントロール??

いやぁ、このまま何にもできずに終わってしまうんじゃないかと焦った…

なんとか「江」を終え、忘れずに弱音器をセット。

アンダーソンの「忘れられた夢」。

フラジオと3rdポジションが難しい曲だったけど、なんとか弾ききれました~

もっと音外しちゃうかと思ったけど、意外と大丈夫だった…

弱音器を外すのも忘れなかったし。

最後は一番難しかったけど、一番大好きだったバッハの「小フーガ」。

元々はオルガンの曲だけど、弦楽器の雰囲気もまた良くて…

四声の曲なので、冒頭のテーマは1stのみ。緊張したけど、なんとか弾けました!

そして、なんとなく、曲がものすごいスピードで進んでいっているような気が

…は、早くないですか…

先生が、「ここまできたらあとは集中力です」と本番前に言っていたのがわかるわ~!

というくらい、平均台の上を自転車で走り抜けるかのような心境!!!

何度かトチった部分もありましたが、それはご愛嬌…。何とか最後まで崩壊せずに

弾ききれました~。

たぶん、他のパートとも極端にズレたりすることもなく、

なんとかハーモニーは合わせられたんではないだろうか。

あー、逃げ出したいくらいの緊張感だった…!


で、終わって客席に向かって頭を下げてみると、かなりの数のお客さん…!

いやあ、びっくりしたあ。

芸術祭始まったばかりの時間帯は、お客さんの数もまばらだったのに…


あとは、会場全員で歌おう「もみじ」のコーナーで、舞台にとどまり、合唱の伴奏。

ピアノがすぐ後ろで伴奏してくれたおかげか、かなりのびのび弾けました(笑)

やっぱり、私の今の人前レベルは「もみじ」なんだわ。(笑)



演奏のあとは、控室で集合写真を撮り…、

こんな時に胃が痛くなってきたり…(小心者)。

本番の後は、みなさんあっさり「では、また来年ね~!」と解散。

次々と着替えを済ませて帰っていくみなさんの背中に、

「来年こそは見違えるように上手くなってきますから!」とリベンジ?を誓うワタクシ…



しかし、ヴァイオリン始めて半年、

とてもいい経験をさせてもらいました…

今の演奏レベルよりも難しい曲に挑戦して、人前で弾く、なんて、

こんな機会でもなければ経験できませんし。

そして、本番が終わって思うこと…


同じパートが何人もいるヴァイオリンって楽器は、

「弾くんだ!弾きたいんだ!」と思って音を出さないと、

「木を隠すなら森」みたいに、ごまかせてしまうこと…

不安になって音が小さくなり、自分が思ったように弾けなくなってしまうことも…

きっとこれは、本番を何回もこなせば慣れてくるのかもしれず、

私が初舞台だったから、というのがあるのかもしれないけど、

みんなの音の中で「弾くのか、弾かないのか」を決めるのは自分、みたいなところがある。

そして、今回は最終プルトだったけど、意外と周りの人の音が聞こえない…。

聞こえるのは隣の人の音くらいかな…

だから、隣の人といいハーモニーを作れるように弾きながら、

自分以外のパートの音が違うメロディーを弾いてるのを意識のすみっこで聞く感じ。

そして、プルトでひとつの譜面台…、

ふたりでひとつの譜面台を見る、っていうことが初めてだったけど…

アウトなら視線は自然と譜面台に流れる感じだけど、インの場合って見にくいなあ!

ヘタすると、ほとんど暗譜しといて、

確認のためにチラッと見る、くらいのレベルにしとかないと全然ダメだ。

今回は「暗譜するぞ!」と思って暗譜したわけじゃないから、何にも見ないでって

わけにはいかなかったけど、

楽譜をガッツリ見ながら演奏できるわけじゃないっていうこともひとつ教訓になりました。

そして、同じプルトになった人が見やすいような譜面にしておかないと…、

書き込み方を気をつけたり、自分は「わかってるからいーや」と思っていても書いたり、

しておかないとダメだなぁ…。

こういうアンサンブルで楽譜をいただいたら、一部は自分の練習用にコピーをとらないと。



…ともあれ、たいへん勉強になり、

そして疲れもドッと襲ってきたわたしの初舞台…。

本当におつかれさま、わたし。




2011年11月 5日 (土)

弦楽アンサンブル最終練習と狩野チャレ

今日は午前中レッスン、

午後13時から弦楽アンサンブルの最終練習、

夜は狩野チャレ…と



これまた音楽漬けな土曜日。


さすがに練習のダブルヘッダーはきついなぁ。

しかも明日は本番…。



弦楽アンサンブルは、やはり「止めずに3曲弾きとおす」練習から始まり、

あとはほとんど、テンポや呼吸を何度も合わせて、タイミングを覚える感じの練習。

おとといの練習から、まだマシになったかなとも思うけど、

やっぱり「うん、大丈夫かな」と思えるまでには程遠く…。

初めての本番は、「止まらない、大きなミスしない」みたいな目標に。

どっちにしても、私は初めて半年の実力を引っ提げて本番に臨むわけで…

みなさんの中に混ぜていただいて、

本番を経験させてもらえるだけでもラッキーとしよう…(笑)

不思議なもので、

本番を経験すると、本番前より確実に上達する。

技術的な部分でも、きっと精神的な「意識」の部分でも。

ピアノを教えてまだ経験値浅いけど、

ずっとピアノ教室の発表会を近くで見てきたから、それだけは確信している。

だから、「本番」は緊張するし、イヤだなとも思うけど…

この機会を逃すテはない。


だってもう最短でうまくなりたいもん。

練習の最後に、服装や当日のタイムスケジュールを確認。

今日はこんなに暖かいのに、明日は雨の天気予報…。

服、どうしようかな。



さて、夕方。

狩野チャレの練習に行く準備をしていたら、突然の集中豪雨!!!

サイテーだ…人が出かける時になって…(泣)

今日は「歌もの」の楽譜が配布され、そちらを初見でやってみることに。

「君は薔薇より~」は、ジャンベで。

「ハリケーン…」は、ピアノで。Kさんが「こんな感じで」って弾いてみてくれたのに

私ったらホント初見で弾けないんだよなぁ。

「あこがれの地へ」は、耳コピが全然進んでなくて、曲2~3回聞いただけで

適当に合わせちゃったけど、まあ雰囲気は了解!という感じ。

「1ダースの…」は、ちょっとだけ合わせたのを聞かせてもらったけど、パーカスという

よりはピアノのほうがいいかな。

とにかく私は耳コピ、急がなきゃ!

あこがれの地へ、あとできれば2~3曲耳コピして、ピアノで合わせられるように

なっとこう。


明日は弦楽アンサンブル本番。練習が終わって、速攻家に帰って寝ました…


頑張るぞ~!





2011年11月 4日 (金)

ルノンに行ってきた

2日に「女子会」でお祝いしたお義母さんのお誕生日。

沼津の「イトーヨーカドー」の真向かいにある小さなフレンチのお店、

「 Casual French Restaurant & Cafe le Renom(ルノン)」

に行ってきました~


ここのお店、かなりの穴場!

安くて、そして美味しい!


夜で、このコースで¥3150ですよ~

確かに、「カジュアルフレンチ」なので、凝った食材ではないけれども、

手を抜いた料理ではないのがよくわかります♪

Renom5_2

前菜のサラダ。ホタテと生ハム。

ピンク色のバルサミコ酢がキレイ~





Renom4

きのこのポタージュ…ふわふわ。香りもイイ。





Renom3

和牛のグリル。ソースも付け合せも美味しかった。






Renom2

デザートは5種類くらいの中から選べる。

マンゴーのソルベとココナッツブラマンジェ、パッションフルーツのソース。




このお料理にパンとコーヒー、紅茶がついてきます。










Renom1


お誕生日の人にはケーキがもう一個ついてくる!カワイイ!!!!!






今度はランチにも行ってみようかな。

とっても落ち着いていて静かで、ゆっくり話もできたし、お腹もいっぱいになりました!

ちょっと残念なのは、駐車場がないことかな…

イシバシプラザの駐車場にとめればいいんだけど。














2011年11月 3日 (木)

弦楽アンサンブル練習4回め

あっという間に弦楽アンサンブルの本番が近付いてきて、

いよいよ、という雰囲気漂う練習4回目。

今日は席順が(もう知ってるけど…)発表されるので、本番と同じ位置での練習になる。

と、思ったら…


トップサイドに座るはずだったHさんが、体調不良で当日も出演できないことが判明…!

一緒に弾いてもらったりしたこともあったのにな~…残念…。

ということで人数が偶数になり、

私は4プルトめになりました!お隣はIさん。

Iさんとお隣になるのは初めて。Iさんはヴァイオリン始めて3年めだそうで…

始めて半年の私が迷惑にならないといいけどな~(汗)


今回の練習は、「とにかく止めずに、3曲通しで」

から始まり、

実際にやってみると特に曲が止まったり崩壊しちゃったりすることもなく、

すんなり終わったけれども…やっぱりテンポが遅すぎたり、バッハは微妙にズレたり、

調整が必要なのかなという感じだった。

私といえば、本番数日前だけど、やっぱり音程がビシッとは決まらず…。

やっぱり10月の一週間ブランクがでかいのかな、と感じたり…

イヤイヤ、単なる実力不足でしょ。

と思いなおしてみたりで…「この状態で本番に臨む」ことにかなりの不安を覚えました。

とはいえ何度も弾いた曲だから、ボウイングも指も問題なく動くはずなのに、

時々、落ちてしまったり…

プルトで1つの譜面台を見ているから、実は意外と「横から譜面を覗く」みたいな感覚に

慣れていない部分もあるのかもしれず、

思ったより「速いな」と感じるバッハとかは、自分で練習している時に適当なテンポで

弾いちゃっている可能性もあり…、

初めて本番を迎えるっていう未知の緊張感で動揺しているのかもしれず。

とりあえず本番前日の最終練習まで、メトロノームでテンポを落とした「ゆっくり」の練習を

地道にやっておこう。

…それから、アンサンブルの中でもしっかりと「弾く」スタンスを貫かないと、

不安に押しつぶされて小さな小さな音になってしまいそうで…、それも怖いし、嫌だ。

でも、大きく音程をはずしちゃって、聞こえちゃったらどうしよう…とか、考えてしまう。

アンサンブルの響きが汚くなっちゃったら…?とか。

いつもの考えすぎな悪い癖だな~。


でも、自信を持って弾けるようになりたい。今回は難しいけど、いつかは。


2011年11月 2日 (水)

みなのか

今日のお念仏メニュー。

メロンを一人ひときれ。(この季節になんという贅沢!最高のおもてなし!)

りんご、柿

雅心だんご(巨大なみたらし団子の中にこしあんが入っている)

焼き菓子

漬物(にんじん、きゅうり、水菜)

お土産はリンゴジュース、お茶、供物としてあがっていた缶詰、だんご2串、焼き菓子、

寸志、などなど。


今日は祭壇にあげるだんごもまるめたり、仕事は盛りだくさん。

でもお念仏が終わったら女子会があるのだ♪


沼津の「ルノン」というフレンチのお店♪♪におねえちゃんが予約してくれてある!

おかあさんのプレゼントも用意したし!


お念仏のあとは、いつも親戚のおばさまたちとお茶を飲むけど、

今日はおやつをセーブして…(笑)




お食事のもようは、また後日♪♪♪






2011年11月 1日 (火)

レッスン27回め

明日がお念仏なので、今日も火曜に変更していただいた。

さて、やっと調子が戻りつつあるような、レッスン27回め。

弦楽アンサンブルの本番も近づいている…。



今日は弓の体操、省略。

調弦。

篠崎2巻、「左手指の練習」は、最後の22番~25番。

右手弓の練習に続き、今週で左手指の練習もおしまい。

だけど、毎日練習の初めにさらっているので、これからも続けようかな。

ちょうどいいウォーミングアップになるかも。

カイザー1巻、1番。

バリエーションの17番、18番(2種類)。付点とスラー、タイで弾く課題だけど、

これで1番のバリエーションは全部こなしたことになる。

17番の付点は、3:1の割合で弓を使い、弓を止めずに弾く。

「止めない」とメモしていたけど、先生は「もっとつなげて」とのこと。

18番は3拍子になるので、ちょっと慣れないけど弓をうまく使って弾けたかな…。

最後に、「仕上げ」。

強弱記号を意識して、「ふつうに」弾く。

今までひとつひとつ、音をしっかりと弾いて練習してきたため、「横のつながり」…、

つまりメロディーの流れが切れてしまっているとのこと。

できるだけ「流れるように」を心がけて弾いてみる。

カイザー1番は、「合格」~!

次は2番。

2番は、ヴィブラートの練習で少し手をつけていたのと、

この曲はバリエーションがないため、

3番のデタシェもやっておくように、と言われた…。

2番はなかなか弾きにくい…。

ゆっくりの曲って、逆に弾きにくいんだよなあと気づく…。


次は篠崎3巻。

3rdポジションと、シフティングを酷使(笑)した、バッハ・グノーの「アヴェ・マリア」。

先週どうしても納得いかなくて、

先生に「もう一週練習させてください~」とお願いしたけど、

自分の思う通りには、まだまだ弾けない状態…。

先生は、

「ヴィブラートがだいぶ持続するようになったし、いいですね」と言ってくださったけど…

うーん。

「折に触れて、掘り返して練習していきたいです」

ということで、レッスンでは終了したけど、まだまだ課題の残る曲。

クリスマスとかに弾いたらとってもいいんだけどなぁ…。今の私が弾いたんじゃ、

ちょっとなぁ…。

教則本の練習曲になっているけど、ほとんど原曲と同じみたいだし、

先生いわく、

「これが弾ければお友達の結婚式とかでも弾いてあげたらいいし」

…って言ってくれましたが…

人前で弾けるようになるまでには、もう少しかかりそうだ~。



さて、

篠崎2巻に戻って、練習曲ブラームスの「ワルツ」。

なんかこの曲とっても好き。

ヴァイオリンで弾いて、2ndと合わせたら(そして綺麗にハモったら)とても優雅~。

なので、ちょっとでも優雅さが出たら、と付点四分音符にビブラートがかかるように練習。

スラーのついているテヌートは弓をかえるくらいの間をあけて音を区切る。

で、「弓をかえるくらい」を意識しすぎたためか、妙に中途半端な感じに。

先生は「もっとしっかりと音を切ってしまいましょう」。とのこと。

その代わり、フレーズを「おさめて」、曲の流れを止めてしまわないようにする。

中間部の盛り上がりでは、弓の使い方をだんだん増やしていって、

一番の盛り上がりの最高音で弓元から、全弓を使って。

で、先生に2ndを弾いていただいて合わせたら、

なんか鳥肌がたちました…


自分としては、とても良かったような…

二重奏って、やっぱりいいなぁ~。もっと上達したら、楽器同士の距離がもっと縮まる

んだろうなぁ。

さて。文句なしに1stが合格したので、次回は2nd。

これまた綺麗にハモれるように頑張らなきゃ~。







そして、今日は先生からとんでもないひとことが。






「そろそろ…、オーケストラ、始めませんか???」






ええええーーーーーーーーーーーーーーーー!!!





私まだ初めて半年とちょっとですよ先生~!!!!


と驚きの声を隠さずに叫んでしまいましたが。

「楽譜も読めるし。大丈夫ですよ~」

今の私が弾けるオーケストラの曲なんてないよな!!!と思い、その点をおうかがいしてみると。

「それは確かに。」

とおっしゃる…。

「それを言ったら私だって完璧には弾けないし。…でもオケはアマチュアだから、

オーケストラを楽しむ、っていう意味では、完璧に弾きこなせなくてはならない、という

わけではないですよ」、と…。

「どちらにしても、もう気持ちが固まれば、すぐに入れますからね」

待ってますよ~。と先生はニッコリ。

…うわー、

なんか、

「いつかは」

と思っていたオケがものすごく近づいてきて…なんだか本当にただびっくり。

でも、

ついに!!!!!!!

先生からオーケストラに誘ってもらった…!!!!!!!

誘ってもらえただけでも嬉しいっ♪

…でも帰って両親に話したら

「いややめておけ。とりあえず家族だから言うけど、お前のバイオリンはひどすぎる」

ええ、わかってますよ!!!(笑)



とりあえずオーケストラを横目で見ながら、引き続き練習を頑張る!

そして、まずは弦楽アンサンブルを乗り越える!





よっしゃ!!!

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

calender

copiris(師匠)

violin