photoback

無料ブログはココログ

« 芝町カフェに行ってきた♪ | トップページ | 耳コピ中… »

2011年11月 9日 (水)

レッスン28回め

弦楽アンサンブル本番を終えてから、はじめてのレッスン。

今日は、とっても寒くなった…。

厚着をしてレッスンに向かう。

さっそく、弦楽アンサンブルのDVDをいただいた!!

うう~、見るのが怖い~~(泣)けど、見たい気もする…。

さて、今日も弓の体操はなし。

レッスンの前に家でやってるから別に問題ないけど、先生忘れてるだけなのかな??

次もなかったら聞いてみよう。

調弦。

カイザー1巻、2番。

スローテンポな曲で、「できるだけヴィブラートを使うように」ということだったので、

頑張ってはみたけど、もともと弾きにくい曲でもあるので苦戦。

それでも、先生は

「そこまで弾けてるなら、今度はディナーミクを意識して。

クレッシェンドの場合は、弓の圧力とヴィブラートの速度を調整すること」。

とアドバイスをくださり、

ヴィブラートはクレッシェンドするにしたがって、細かく→大きくに変化する弾き方を

実際に見せてくださった。

うー、これできるようになりたいんだよなぁ~!

できるだけ真似してやってみたけど…まだ振幅が小さくて音に影響できてない感じ。

他の曲とかでも応用できるようにやってみよう!

ヴィブラートは、まだ意思をもって自由にかけられてない印象…。

もうちょっとコントロールできるといいんだけどな。

カイザーは3番のデタシェも見ていただいた。

八分音符と十六分音符の長さを、弓の割合で違いがわかるように弾くこと。

いっしょうけんめい弾いちゃうと、どうしても他の弦にさわってしまったり、

音が外れたりしがち。

特に他の弦に触っちゃうのを何とかしたいんだけどなぁ~。雑音がたくさん。

とにかくゆっくりの練習をしなきゃダメかな。

それから、「指弓」のこともちょっと教えていただいた。

弾いている時、

弓を持つ指の形がいつも同じで固まってしまっている。

弓を先弓や元弓に動かしていくと、それに連動するかたちで指が柔軟に動いていくのが理想。

…ということで、弓を弦の上に置いた状態で、指を曲げ伸ばし、

しゃくとり虫のように「うにゃっ うにゃっ」と動かしてみる。

指のバネがサスペンションのような働きをして、もっと柔軟な音が出せたり、

弓をもっと自由にコントロールできたりする。

これは、新しい課題だ~!

今まで、カイザーの長い練習曲を弾いていると、(そして難しいバリエーションだと特に)、

どうしても身体が固くなってしまって指先も力が入ってしまっていたんだと思う。

指先まで柔軟に。

意識して練習しとこう!!

次回は、

バリエーションの5、6、7番。

特に7番は、「指弓」を使ってのスタッカートスラーがあるので、これで練習できる♪

次は篠崎の2巻。

G-durのスケール。

練習曲はブラームスのワルツ、今週は2nd。

先週とっても楽しかったので、今週もうまく弾けるといいなぁ~と思いつつ、2ndを弾く。

もうちょっとヴィブラートかかっても良かったかな。

今週は「曲の盛りあがりで1stに半音の響きをぶつける」ことが課題。

しっかりとした音で、1stと張り合わないと、「え?不協和音?」といった印象になってしまうので、

そこだけは音程を外せない。…んだけど、D線で小指をのばしてFの音をとるのって、

しんどい~!さらにヴィブラートをたっぷりかけたいけど、そうするとしんどさが増す…。

さて、先生との二重奏。

なんとかうまく弾けたかな…。先週ほどの鳥肌はなかったけど、でも心地よかった。

続いて練習曲はもう一曲、シューマンの「楽しい農夫」。1stを弾いてみる。

ワルツの余韻のままに、たらら~と弾いていたら、

「この曲は農夫ですから、もうちょっと無骨にいきましょう!」とのこと。

付点四分音符が減衰するので、確かに弱い印象がある。

フォルテで、強い音を持続させること。

そして、2ndにいたってはもっとしっかりと弾いて、1stを支えること。

しっかりとした音に強いヴィブラートをかける。これも私の課題だ…。

強い音、と意識すると、ヴィブラートをかける手にまで力が入ってしまい、

そうするとうまくヴィブラートがかからなくなってしまう。

右手と左手のバランスが難しい…。

ためしに先生が弾いてみてくださったところ、

見事に「ワルツ」が「農民」に早変わり…。

凄いなあ。情景があっという間に変わったな~…。

曲ごとにいろんな表情をもたせて弾けるようになったら楽しいよな~。

できるだけ無骨な感じが出るよう、練習してみよう~!


さて、本来はホーマンの4巻、3rdポジも見ていただくはずだけど、

とりあえず今日はここまで。

練習してはいたけど、あんまり自信がなかったので正直ホッ。

ホーマンの練習曲は二重奏だけど、こちらは3rdポジも入って難易度がかなり高い。

さらに、長い。

3ページもある…。

コツコツ練習していこう。

弦楽アンサンブルで思ったけど、

やっぱりちゃんと正確な音程で弾けるようになりたい!!!

そのためには、基礎的な練習が大切なんだろうな~。

自在なヴィブラートも理想。

…ということで、今後の練習メニューは、

篠崎2巻 右手弓・左手指の練習

カイザー

ヴィブラートでスケール

篠崎2巻 練習曲

篠崎3巻 3rdポジのスケール、シフティング、ハーモニクス

ホーマン4巻 3rdポジ練習曲


という流れでいってみようと思います。

頑張るぞ~!

« 芝町カフェに行ってきた♪ | トップページ | 耳コピ中… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レッスン28回め:

« 芝町カフェに行ってきた♪ | トップページ | 耳コピ中… »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

calender

copiris(師匠)

violin