photoback

無料ブログはココログ

文化・芸術

2011年9月17日 (土)

アトムちゃんのフラ初舞台☆

午前中の仕事をなんとか終わらせて、

お昼を食べる間もなく三島駅へ!

母上と東海道線に乗り込みます。

目的地は大船の「鎌倉芸術館」。



今日は怒涛の3日間ふつかめ。

ずっと楽しみにしていたアトムちゃんのフラ初舞台!

なかなかフラダンスの公演を見に行くって機会がないので、嬉しい出会いです♪♪


Fula 今回が10回目の公演みたい。



15時30分の開演に間に合うかヒヤヒヤでしたが、なんとかギリギリ間に合いました!

そして開演が20分ほど押した…(笑)良かった、ちょっと落ち着くことが出来ました。

公演は3部に分かれていて、

1部はフラの先生がたの出演。

2部と3部にアトムちゃんの出番があります!

1部は、生のハワイアンバンドと、ハワイアンソングの教室の生徒さんたちかな?の歌と、

先生方のフラダンス、その合間にハワイの映像と詩の朗読がありました~。

こうやってじっくりフラダンスを近くで見ると…、

本当に指先までパワーが溢れてる感じ。

見ているだけで、ハワイのやさしいスピリットに包まれるような。

凄いなぁ~。

ステージの上は、確かにハワイの風が吹いているみたいでした。

母上も、「あー、もう一回ハワイに行きたいね~」と言っていたので、きっと同じように

感じていたのかも。

2部が始まってすぐ、アトムちゃんの出番!

正直、自分が出演してるんじゃないかってくらいのドキドキ感!

衣装もメイクも超キレイ~~!

そして、アトムちゃんの言っていた「レイを捧げます」っていうしぐさがとっても優雅。

うーん、ちょっと緊張してるかな??でもちゃんと一緒に踊ってる他のダンサーさんとも

息ピッタリだし、雰囲気あるよ~~!


他のグループの人たちは長く感じられるものもあったけど、

アトムちゃんの出番はあっという間におわり。

写真撮りたかったけど、撮影は禁止だったので我慢…。


カラフルで素敵なハワイアンの衣装で、いろんな年代の人たちが踊っていきます。

それぞれ、みんな顔が輝いてるなぁ~~!

特に子どもたちの表情や動きは本当に素晴らしかった!

本当にフラが大好きなんだなぁって感じられました。こんな小さいころからやってたら、

きっと素晴らしいダンサーさんになれるんじゃないかな。

ハワイの子供たちも、こうやってフラと一緒に育っているんだろうなぁ。

あっという間の第2部でした♪♪

そして、なんとなーく、「決まった」振付があるのかな?

あ、この動き、さっきもしてたな!っていうのがだんだん分かるようになってきて、

何か意味があるのかな~??あるとしたらやっぱり自然とつながってるのかな~…

なんて考えながら楽しめるようになりました♪


第3部のアトムちゃんの出番。

今度は緊張もとれてるみたい!曲もとっても楽しくて、衣装も綺麗なグリーン☆

今日の為に頑張ってきたのね…。ホント素晴らしいなぁと思いました。

今日宿泊するホテルのチェックインの時間が迫っていることもあって、途中で会場を

後にしてきました…。

あ~、またハワイ行きたいなぁ。

大船の駅で父上所望の「鳩サブレ」を買い、母上と軽く夕飯を食べ、駅でお別れ。

ここからは東海道線に乗って、ひとり東京を目指します。

大船から東京までは50分ほどの予定だったのに、

途中で線路に人が立ち入ったとかで、電車が止まり40分ほどタイムロス…。

東京駅から宿泊のホテルまでは、googleのストリートビューで道を確認しておいたので、

バッチリ(笑)初めて歩くとは思えません。

3連休で東京駅から徒歩5分なのに、一泊¥5980(朝食付)という良心的なホテル。

しかも、女性ひとりでも安心して泊まれる雰囲気です。

まあ、ターゲットはがっつりビジネスマンでしたが…(笑)寝るだけが目的だったので

満足でした。


Single あんまり伝わらないな~、もっといいお部屋でした



さて。明日は8時16分発の「あさま」561号でみっちゃんと待ち合わせです。

シングルの狭さが一人暮らしみたいでかなり居心地良かったのですが、

早めに就寝。ぐっすり眠れました!




2011年6月 2日 (木)

いせ ひでこさんの絵本

大好きな絵本作家、画家、

いせ ひでこさんのことを少し。

Hidekoise


以前、職場でビュフェ美術館の招待券を頂いて、

せっかくだから観に行こう、と行った時に企画展示されていたのが

いせ ひでこさんの原画でした。

ほとんどが水彩画で描かれた絵本の原画だったのですが

「にいさん」

の原画が、特に素晴らしくて…、

それから、ほっこりと感動したのが、

「ルリユールおじさん」。

宮崎アニメ1本観たかのような錯覚に陥るほどの

ストーリーと、豊かな描写と、

あたたかい絵柄に感動~!

今考えたら、

原画を観ながらストーリーを読めるなんて、

もんのすっごい贅沢なお話です。


招待券で無料だからと閉館間際に急いで回ったのが、とっても残念でした…




しかし、絵本ってなんであんなに高価なんでしょう。

フルカラーだから??

子どものためなら、絵本好きの親はきっと買っちゃいますが、

もっとたくさん買ってあげたい親からしたら、

もうちょっと安くてもいいんじゃないかな~?と思います


まあ、図書館を利用すればいいことなのかな。



この年齢になって絵本を読むと、

なんだかちょっと切なくなったりするのが不思議です…


友達のお子さんがハマっているという、「エルマーのぼうけん」も、

大好きだったなあ。

小学生の頃に何度も読み返した「モモ」も、また読みたいなあ。

それから、とっても面白かった「ほらふき船長航海記」…

何故か海外作家ばかり…(汗)


今読み返すと、また違った感想になるんだろうなあと思います。

読んでみたいような、子どもの頃の印象をとっておきたいような…


知らないところで、自分の原点になっているのかも、ですね。

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

calender

copiris(師匠)

violin